ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
マーケットが見える!人のココロをつかむセオリー

自分のための買い物欲を笑って認める
シンプルなストーリーがカンヌでウケた

アドテク偏重のなか、やはり「広告は人がつくる」

藤田康人 [インテグレート代表取締役CEO]
【第57回】 2014年6月30日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

テクノロジーが台頭する
今年のカンヌ出品作

 世界最大の広告マーケティング業界の祭典、カンヌライオンズ国際クリエイティビティ・フェスティバル(Cannes Lions International Festival of Creativity)が6月15日から21日の7日間にわたって、今年もフランス南部のカンヌで開催されました。私は2010年から毎年参加しています。

 今年の最も大きなニュースの一つは、新たに「ライオンズヘルス(Lions Health)」が別日程(6月13日・14日)で新設されたこと、そのヘルス&ウェルネス(Health&Wellness)部門で、日本の医療法人葵鐘会ベルネットの「MOTHER BOOK(マザーブック)」が初代グランプリを獲得したことでしょう。

 女性の人生における最も大切な出来事の一つである妊娠・出産を、より貴重な経験として記録するためのツールを提供したいという気持ちを「40週=40ページで構成される本」という形で表現した点が、高い評価を受けました。

 さて、本題のクリエイティビティ・フェスティバルですが、今年は全体的に「表現手段としてのテクノロジーが前面に立ち、クリエイティブの領域に深く入り込んできた」という印象を受けました。

 例えばホンダは、1989年に鈴鹿サーキットで行われたF1日本グランプリ予選でアイルトン・セナが当時の世界最速ラップを出した際のデータを解析し、セナの最速ラップをエンジン音と光の演出で再現した「Sound of Honda」を出品。チタニウム部門でグランプリを獲得しました。

 ブリティッシュ・エアウェイズは、ピカデリー広場のビルに設置された大きなディスプレイの上空をブリティッシュ・エアウェイズ機が通過すると、子どもが飛行機の飛ぶ方向を指差す映像と、便名、行き先がリアルタイムでディスプレイに映し出される「MAGIC OF FLIYNG」という作品を発表しました。これも、ダイレクト部門でグランプリ受賞作品となったのです。

 この二つの作品は、テクノロジーとクリエイティブの高度な融合という意味で、今年のカンヌのトレンドを象徴した作品といえるでしょう。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

藤田康人 [インテグレート代表取締役CEO]

慶應義塾大学を卒業後、味の素株式会社を経て、92年、フィンランド人の社長と二人でザイロフィン ファーイースト社(現ダニスコジャパン)を設立。素材メーカーの立場から キシリトール・ブームを仕掛け、キシリトール製品市場はゼロから2000億円規模へと成長。07年、株式会社インテグレートを設立し、代表取締役CEOに就任。著書に『どう伝わったら、買いたくなるか』『99.9%成功するしかけ』 『漂流する広告・メディア』講演活動も行っている。integrateGroupウェブサイト:http://www.itgr.co.jp/

 


マーケットが見える!人のココロをつかむセオリー

インターネットなど双方向メディアの普及に伴い、従来の広告メッセージが届きにくい時代になったと言われます。どんな方法なら消費者とのコミュニケーションが成立するのか。「次世代IMC」を掲げる注目のマーケティング企業CEOがその極意を伝授します。

「マーケットが見える!人のココロをつかむセオリー」

⇒バックナンバー一覧