ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
あなたの知らないスメルの世界~It's a smell world.

臭気判定士が7年もの歳月をかけて発見!
30~40代男性が放っている「ミドル脂臭」というニオイ

大西洋平
【第6回】 2014年7月3日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

おじいちゃんたちの「加齢臭」とは違うものだった

 「オレはまだ加齢臭をプンプン漂わせる世代ではない!」

 こう思っている30~40代のミドル男性たちに言いたい。世の女性たちの多くは密かにこんな思いを抱いている。

 「いえいえ、おじいちゃんたちの加齢臭はまだマシよ。アンタたちの体からは、もっと耐えられないキョーレツなニオイが漂っているの。もーっ、勘弁して!」

 いわゆる加齢臭は、「オッサン臭いニオイ」として広く認識されているが、実は加齢臭とは、もっぱら背中や胸元から発生する「2-ノネナール」という物質がその原因。だが、同物質が増加するのは50代以降になってからだという。

 にもかかわらず、マンダムがウェブを通じて1200人を対象に行った調査によれば、多くの男性は30~40代に差し掛かると、明らかに体臭に変化が生じているという。「オッサン臭いニオイ=2-ノネナール」ではなく、別に真犯人(原因となる物質)が存在したのだ。

 しかも、この真犯人は「2-ノネナール」など足元にも及ばないほど問題らしい。加齢臭は「枯れ草みたいな……」とレベルの弱いニオイに対し、「まるで酸化した油みたいで、むせ返りそうなほど臭い!」らしい。

 こう糾弾されても、自らが発生源である男性は自覚しづらいだろう。ただ、それでも自分の枕のニオイを嗅ぐと少なからずユーウツな気分になるはずだ。

 いったい、真犯人は何物なのか? 満員電車やオフィスなどで辛い思いをしている女性たち、そして無自覚のまま拒絶されているミドル男性を救うため、マンダムの「ニオイ研究員」が原因物質の究明に向けて日夜調査を重ねた。

約800人の体臭を嗅覚測定

 臭気判定士という国家資格を取得している彼らは、約7年間にわたって約800人の被験者の体臭を実際に嗅覚測定。頭や首、ワキなど、ニオイの発生源から約3センチの距離まで鼻を寄せ、クンクンと嗅ぎ分けていったのだ。ニオイ研究員の1人である原武史さんはこう語る。

「ニオイ研究員」は自分の鼻を使ってニオイを分析する

 「まず判明したのは、ミドル男性特有のニオイは頭頂部や後頭部から強く発せられていたことです。耳の裏が発生源だという説もあったものの、測定結果ではそれほどでもありませんでした。そして、ミドル男性の後頭部や枕のニオイは、20代男性と比べても明らかに強いこともわかったのです」

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


あなたの知らないスメルの世界~It's a smell world.

「パパ、臭いからあっち行って!」「あなたの枕、ほんっとうに臭いんだけど!」小さい頃はすぐ抱きついてきてくれた娘や、かつては優しく微笑みかけてくれた妻から、こんな罵声を浴びせられた経験を持つミドル男性は、きっと少なくないはずだ。そればかりではない。職場でも気付かないうちに、女性社員から「あの人、クサいよね」と後ろ指を指されている人もいるだろう。世の中に「ニオイ」に悩む男性は多い。時としてあなたの体臭は、周囲の人々にとって「スメハラ」(スメル・ハラスメント)の原因となることさえある。いったい、何が男性を臭わせているのか。それを予防するためには、日頃から何を心がければいいのか。あなたの知らない「スメルの世界」をまじめに分析する。

「あなたの知らないスメルの世界~It's a smell world.」

⇒バックナンバー一覧