ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
『週刊ダイヤモンド』特別レポート

コーヒー市場はこれからが成長期
――ジャン・マルク・デュボアザン(ネスプレッソCEO)インタビュー

週刊ダイヤモンド編集部
2014年7月8日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

世界最大の食品メーカー、ネスレの関連会社で、日本でも馴染みのあるバリスタシステムの原型ともなった、コーヒー・コーヒーマシン・関連サービスを一貫で販売するネスプレッソ。来日したジャン・マルク・デュボアザンCEOに日本市場への投資拡大の理由を聞いた。(聞き手/週刊ダイヤモンド編集部 鈴木洋子)

ジャン・マルク・デュボアザン
1959年生まれ。86年ネスレ本社・中東諸国マーケティング担当、89年ネスレコロンビア・マーケティング&セールス担当、97年ネスレ本社・米州地域オペレーションマネジャー、99年ネスレエクアドルCEO、2003年ネスレボリバリアンリージョンCEO、04年ネスレメキシコCEO、07年ネスレ本社シニア・バイスプレジデント コーポレート人事ヘッド、10年ネスレデピュティ・エグゼクティブ・バイスプレジデント人事総務、13年から現職     
Photo by Masato Kato

――ネスプレッソのビジネスモデルはどのようなものですか。

 ネスプレッソは、25年前に開発された、コーヒーエキスをカプセルに封入する技術から生まれたビジネスです。

 カプセルをマシンにセットしスイッチを押すだけで、“バリスタ”が作る最高級のコーヒーを誰でも手軽に作ることができる。22種類の世界の様々な産地のコーヒーを、ストレートのみならずカプチーノやエスプレッソなど様々な飲み方で味わえます。

 さらにこのシステムを、カプセルとマシン、サービスをセットにしてメーカー直販で提供するビジネスモデルを考案しました。小売りの手を通さず、マシンの開発やデザイン、カプセルの生産や開発、さらにカスタマーサービスも専門のユーザー組織を作り、すべて自社で行っています。使うコーヒー豆も、全コーヒー豆市場の1~2%しかない最高級の豆しか使わない。全世界の6万5000人の農家と契約し、豆を直接仕入れています。ちなみに、インターネット経由でコーヒーを直販するビジネスを最初に手がけたのも我々です。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


『週刊ダイヤモンド』特別レポート

『週刊ダイヤモンド』編集部厳選の特別寄稿と編集部による取材レポートを掲載。本誌と連動した様々なテーマで、経済・世相の「いま」を掘り下げていきます。

「『週刊ダイヤモンド』特別レポート」

⇒バックナンバー一覧