ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
岸博幸のクリエイティブ国富論

100年に一度の霞ヶ関バブル
誰も書かない追加経済対策の正体

天の声で予算が一桁増えて、官僚もびっくり!

岸 博幸 [慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科教授]
【第36回】 2009年4月17日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 4月10日に麻生総理が“経済危機対策”を発表しました。国費(財政出動)15.4兆円、総事業規模56.8兆円という過去最大のとてつもない規模の経済対策となりました。この対策で本当に景気浮揚効果があるのか、どう評価すべきかを考えてみたいと思います。

本当に困っているところに
予算が回らない可能性が高い

 まず間違いなく言えることとして、今回の経済対策は短期的にはそれなりの景気浮揚効果を発揮するでしょう。公的部門で15兆円もの需要追加を行うのですから、それは当然です。その意味で、こうした大規模な財政出動を決断した“政治の意思”は高く評価されるべきではないでしょうか。

 しかし、そうした“政治の意思”が15兆円という総額だけに止まり、残念ながら対策の中身や細部は霞ヶ関の官僚主導となってしまっているように感じざるを得ません。その結果、せっかくの政治決断にも関わらず、対策の中身は90年代の経済対策のような陳腐なものや悪平等的なバラマキのオンパレードになってしまっているのではないでしょうか。

 例えば、「成長戦略」という予算項目の中にある「低炭素革命」という項目を見てみると、低燃費車や省エネ製品の普及促進のための購入補助はともかくとして、何故か「レアメタルのリサイクルシステム構築」とか「石油の上流検疫確保への支援」といった、あまり低炭素革命に関係ない予算まで入っています。明らかに官僚の悪乗りと言わざるを得ません。

 なぜそうなってしまったのでしょうか。

 僅か数週間の間に突然対策の総額が大きく膨らんだことが原因だと思います。実際、霞ヶ関の官僚からは、「個々の予算の金額は、理屈がつく金額にゼロが一つ書き加えられた感じ」、「本予算の数年分のお金が一気にまとめて来ちゃった」といった話が漏れ聞こえてきます。いわば、経済対策が濫発された90年代の“失われた10年”をも超える、「100年に一度の霞ヶ関バブル」が起きているのです。実体経済はもちろん悪いですが、巷で喧伝されているような「100年に一度の危機」とはとても言えないにも関わらず、です。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

岸 博幸 [慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科教授]

1986年通商産業省(現経済産業省)入省。1992年コロンビア大学ビジネススクールでMBAを取得後、通産省に復職。内閣官房IT担当室などを経て竹中平蔵大臣の秘書官に就任。不良債権処理、郵政民営化、通信・放送改革など構造改革の立案・実行に関わる。2004年から慶応大学助教授を兼任。2006年、経産省退職。2007年から現職。現在はエイベックス・マーケティング株式会社取締役、エイベックス・グループ・ホールディングス株式会社顧問も務める。

 


岸博幸のクリエイティブ国富論

メディアや文化などソフトパワーを総称する「クリエイティブ産業」なる新概念が注目を集めている。その正しい捉え方と実践法を経済政策の論客が説く。

「岸博幸のクリエイティブ国富論」

⇒バックナンバー一覧