ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
起業人

レアメタル専門商社率いる元放浪ニート
現代の山師が操る「センミツ」の世界
アドバンストマテリアルジャパン社長
中村繁夫

週刊ダイヤモンド編集部
【第98回】 2010年1月5日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage
中村繁夫
アドバンストマテリアルジャパン社長
中村繁夫(撮影:宇佐見利明)

 「明日からミャンマーに出張なんですわ。反政府軍と交渉してレアメタルを買い付けるんです」。ちょっと老けたマリオのような顔から飛び出た第一声は、とても“堅気”のものとは思えなかった。

 この男こそ、日本で唯一のレアメタル専門商社、アドバンストマテリアルジャパン(AMJ)を率いる現代の山師、中村繁夫である。

 レアメタルとは世界的に産出量の限られた希少な鉱物で、パソコンや携帯電話などのハイテク機器には不可欠だ。「産業のビタミン」と称され、ハイブリッドカーもこれなしでは走れない。中国、ロシア、中央アジアに偏在しているが、産出国側が輸出の規制強化に乗り出し、その確保は年々難しくなっている。

 そこで存在感を増しているのが、腕利きのレアメタルトレーダーを擁するAMJだ。同社は日本に輸入されるタングステンでトップシェアを占め、レアアースなどでも高い競争力を誇る。

 同社最大の強みは、どんな辺境や危険地帯であろうと、社長自らが先頭に立って乗り込んでいく徹底した現場主義にある。中村がこれまでに訪れた国はじつに90ヵ国に及ぶ。

 いざ交渉となれば、持ち前の愛嬌と押しの強さで、取引先の懐にするりと入り込み、次々とビッグディールをまとめ上げてきた。その類いまれなる交渉力は、学生時代に培われたという。

“ODA”で乗り切った放浪
情報源は元KGB工作員
独断で75億円取引も

 「僕はね、放浪ニートやったんですよ」。22歳のとき、大学院を休学して、ほぼ無一文で飛行機に飛び乗った。

 「行き先はどこでもよかった」。ブラジル、米国、欧州など世界35ヵ国を渡り歩いた。カネなし、宿なし、コネなしの旅。移動はヒッチハイク、ホテル代などあるはずもなく、現地で日本人を探し出しては家に転がり込んだ。「最後は荷物もズタ袋1つで浮浪者みたいやったけど、『押し』『度胸』『遊び』の“ODA”で乗り切った」と笑う。この“ODA”が、後の商社マン人生でも大いに役立ったという。

 帰国した中村は「海外で出会った商社マンの羽振りのよさに目が眩んだ」と、中堅商社の蝶理に入社する。

 資源関連部門に配属された中村は、レアメタル開発にのめり込み、またも世界中を飛び回ることになる。

 仕事ぶりはまさに型破り。旧ソ連では元KGBの工作員を雇って、商売になりそうな裏情報を仕入れた。カザフスタンでのスポンジチタン取引では、会社の判断も仰がず、独断で75億円の取引を即決。上層部からは「糸の切れた凧」と疎まれたが、商売の嗅覚は鋭かった。中国福建省ではタングステンとモリブデンの開発に初めて成功、広東省ではレアアース鉱山を買い占め、巨額の利益を稼ぎ出した。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


起業人

先達の苦難の道のりには、汗と涙に彩られた無数のドラマがある。そして、起業家達の苦闘の中には明日への成功のヒントとノウハウが凝縮されている。

「起業人」

⇒バックナンバー一覧