ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
これで絶対後悔しない!35歳からの転職力養成講座

こうすればあなたも稼げる!?
年収1億円の人の習慣

丸山貴宏 [株式会社クライス・アンド・カンパニー代表取締役]
【第27回】 2014年8月11日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

「年収」ではなく「月収」800万円!
“時給25万円”が受け入れられる秘密

 長い付き合いになる私の知人に、1人で年収1億円を稼いでいるAさんがいます。よく転職エージェントの広告で「年収800万円以上」といったコピーがありますが、Aさんは年収ではなく月収で800万円を稼いでいる計算です。

 Aさんは複数の企業でマネジメントや人事に関するコンサルティングを行ったり、非常勤の取締役や監査役に就任したりしています。年収1億円は瞬間風速的なものではなく、私の知る限り、少なくともここ10年はこの水準です。

 年収1億円を達成する人はいったい何が違うのか。私はAさんと協力して仕事をする関係でもあるので、その秘訣を考えてみたいと思います。

 Aさんのコンサルティング料は月1回、クライアントの会社に2時間顔を出して50万円といった水準です。時給にして25万円。非常に高額だと思われるかもしれませんが、クライアントは喜んで契約を更新しています。

 なぜなら打ち合わせがひと月に2時間でも、その間にクライアントから受ける相談や課題について、ほとんどのことはその場で解決への道筋をつけてくれるからです。つまり、たった2時間の間に膨大な量の課題が解決に向け、高い品質で進んでいくのです。

 すぐ解決の道筋をつけられるのは、Aさんがさまざまな分野で一流とされるビジネスパーソンと強力な人的ネットワークを築いているからです。たとえば人事制度をつくりたいとクライアントから相談を受ければ、実際に大企業で先進的な人事制度をつくってきた優秀な専門家にその場で連絡し、共同プロジェクトを組んで制度をつくっていきます。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

丸山貴宏 [株式会社クライス・アンド・カンパニー代表取締役]

1986年滋賀大学経済学部卒業後、リクルート入社。7年間人事担当採用責任者として新卒、中途、留学生、外国人など多岐にわたる採用を担当し同社の急成長を人材採用の側面から支える。退職後現社を設立。リクルートで実践した「企業力を超える採用」の実現のため1000社を超える顧客にそのノウハウを提供、さまざまな分野の支援を実現。また個人へのキャリアコンサルティングは1万名を超え、「個人の本気に火をつける」面談には定評がある。49歳。1963年生まれ、いて座。

 


これで絶対後悔しない!35歳からの転職力養成講座

かつては「35歳が限界」と言われた転職。しかし今では35歳以上のビジネスパーソンも転職ができる時代に変わりつつある。そんな35歳以上の大人が転職する際、人生の重要な決断を失敗しないためには、どのように行動すればよいのだろうか。これまで数多くの人の転職を成功に導いてきたキャリアコンサルタントの丸山貴宏氏が、実践に役立つ35歳以上の転職ノウハウを教える。

「これで絶対後悔しない!35歳からの転職力養成講座」

⇒バックナンバー一覧