ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
金融市場異論百出

地区連銀候補だったボルティモア
米東海岸の港町に見る栄枯盛衰

加藤 出 [東短リサーチ代表取締役社長]
2014年8月12日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 先日、米国東海岸の港町、ボルティモアに行く機会があった。インナーハーバー(内港)地区は観光客で大変なにぎわいを見せていた。

ボルティモアで再開発されたインナーハーバー(内港)。観光客誘致としては成功しているが、人口減少が悩みの種だ
Photo by Izuru Kato

 1980年頃から再開発が進められた同地区は、全米有数の巨大水族館などで構成され、近くには美しく整備されたボルティモア・オリオールズの球場もある。この辺りだけを見れば活気ある街なのだが、実はこの都市は深刻な人口減少に長く悩まされてきた。50~70年代は90万人台だったのに、2000年代に入ると60万人台前半まで落ち込んだ。

 ピークから3割以上も減っただけに、華やかなインナーハーバーから少し離れると、目抜き通りであってもビルの多くはテナントが入っていない。窓がべニヤ板で覆われているか、「For Rent(空室あり)」がやたらと目立つ。

 ボルティモアはワシントンから北東に普通電車で1時間ほどの距離にある。19世紀前半には全米で人口2位の大きな街だった。1913~14年にFRBの地区連銀の配置を議会が決める際には、有力候補都市の一つだった。

 この第5地区では、当時、民間銀行の貸出金額、預金額は、ボルティモアが他の都市を圧倒していた。しかし、最終的にリッチモンドで決まったのは、金融行政に多大な影響力を持つグラス上院議員(後の財務長官、銀行業務と証券業務を分離したグラス・スティーガル法でも有名)が地元へ強力に誘致したからだと見なされている。もし彼がいなければ、ボルティモア連銀になっていたかもしれない。

1
nextpage

今週の週刊ダイヤモンド

2017年1月21日号 定価710円(税込)

特集 天才・奇才のつくり方 お受験・英才教育の真実

お受験・英才教育の真実

【特集2】
村田 vs TDK
真逆のスマホ戦略の成否

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購読いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


金融市場異論百出

株、為替のように金融市場が大きく動くことは多くないが、金利の動向は重要だ。日本を代表する日銀ウォッチャーが金融政策の動向を分析、金融政策の動向を予測する。

「金融市場異論百出」

⇒バックナンバー一覧