ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
『うつ』のち、晴れ 鬱からの再生ストーリー

妻のうつが伝染する?
夫婦に増える「うつのシーソーゲーム」

~専門家は語る(中村心理療法研究室 中村伸一氏)【後編】~

西川敦子 [フリーライター]
【第12回】 2008年1月25日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 「ねえ、B子さん、いったいどうなっちゃってるの?」

 Aさん(会社員)の携帯に、珍しく母親から電話がかかってきた。なにやら怒っている様子だ。

 「この間、近くまで来たからちょっとお宅に寄ったの。そうしたら雰囲気がまるで違っているので驚いたわ。すごく肥ったみたいだし、化粧気もないし。それはいいんだけど、家がずいぶん汚れているじゃないの。ゴミ箱に弁当の空き容器がたくさん捨ててあったけど、きっと料理もしていないんでしょう。あんな様子じゃ、子育てだってちゃんとやってるのかどうか」

 いきなりまくしたてられ、どきまぎしてしまったAさん。「B子は今、ちょっと疲れているだけだよ」と弁解し、携帯を切った。――言われなくても、妻の様子がおかしいことはよくわかっている。ふさぎこんでいるかと思うと、突然泣き出したり、怒り出したり。恨みがましい口ぶりは、まるで自分と結婚したからこうなったといわんばかりだ。

 妻と一緒にいると、こちらまで気分がめいってくる。この頃では、週末がくるのが憂鬱でならない……。

ドイツ精神医学が隠していた
女性のうつ

 Aさんはまだ気づいていないが、B子さんはどうやらうつを発症しているようだ。

 妻のうつが夫たちを脅かしている――。中村心理療法研究室の中村伸一氏は、こう語る。

 「女性のうつは、以前はほとんど問題にされることがありませんでした。うつの症状があっても、不定愁訴や神経衰弱、ヒステリー、抑うつ神経症などと診断されることが多かった。

 これは、昔のドイツ精神医学の考え方によるものです。かつては家計を支える男性の労働力低下が、女性のそれよりも重視されていた。だから、従来のドイツやわが国の精神医学者たちが、男性のうつに注目せざるを得なかったという背景があるのですね。

 しかし、アメリカ精神医学会が定めた、DSM(精神障害の診断と統計の手引き)という新しいし診断基準により、女性にもうつの症状があてはめられるようになりました。その結果、女性が一生の間にうつにかかる率は、男性の倍にまで跳ね上がったのです」

 女性は、じつは男性よりうつにかかりやすいのだ。

 夫のうつの原因が、おもに職場の問題であるのに対し、妻のうつの原因は、家庭問題やプライベートなことが多い、と中村氏。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

西川敦子 [フリーライター]

1967年生まれ。上智大学外国語学部卒業。編集プロダクション勤務を経て、独立。週刊ダイヤモンド、人事関連雑誌、女性誌などで、メンタルヘルスや介護、医療、格差問題、独立・起業などをテーマに取材、執筆を続ける。西川氏の連載「『うつ』のち、晴れ」「働く男女の『取扱説明書』」「『婚迷時代』の男たち」は、ダイヤモンド・オンラインで人気連載に。


『うつ』のち、晴れ 鬱からの再生ストーリー

うつをきっかけに、生き方や働き方を見つめ直した人々にフォーカス!うつに負けない、うつを乗り越えるための知恵と活力を探っていく。

「『うつ』のち、晴れ 鬱からの再生ストーリー」

⇒バックナンバー一覧