ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
数字で会社を読む

【鹿島】
土木依存の体質が浮き彫り
建築部門で稼げなかったワケ

週刊ダイヤモンド編集部
【第176回】 2014年9月5日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

好決算に沸くゼネコン大手。東京五輪需要でさらなる成長期待もあるが、鹿島の建築部門は前期、異例なほどに利益率が落ち込み、土木依存の利益構造が浮き彫りになった。

 ゼネコン大手の決算が好調だ。鹿島、大成建設、清水建設、大林組と上場している大手ゼネコン4社の4~6月期の経常利益は、各社が四半期決算開示を始めた2006年以降で最高となった。

 各社とも11~12年前半ごろに低価格で受注した建築工事が、東日本大震災の復興需要による建設コスト上昇で採算が悪化し、利益率の低下に苦しんだ。だがここへきて、こうした工事の多くが完成にこぎ着けた上、コスト上昇分を加味した価格で新たな受注ができているのが大きい。

 コスト上昇を受けて各社は、受注段階から施主にコスト削減を提案したり、受注する案件を採算性で絞り込むなど工夫し、何とか一定の利益を確保してきた。

 ところが鹿島は、前期の建築工事の売上総利益率(粗利益率)が0.3%という異例の落ち込みを見せた。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


数字で会社を読む

週刊ダイヤモンドで好評連載中の「数字で会社を読む」。各業界・企業を担当する第一線の記者が、ポイントを絞った財務分析で企業・産業に切り込みます。

「数字で会社を読む」

⇒バックナンバー一覧