ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
Close Up

“利上げ前倒し”観測強まるも
不透明な米国金融政策の行方

週刊ダイヤモンド編集部
2014年9月8日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

米国の利上げ前倒し観測で、円安加速への期待が高まっている。だが為替相場を動かすFRBの金融政策と、その元となる米国の景気動向には、いまだ不透明感が残る。

 ついに“べた凪”の均衡が崩れたのか。長らく膠着状態にあったドル円相場が、にわかに動いた。

 8月20日、4月来張り付いていた1ドル102円台から103円台に、週明け25日には104円台へと円安が進行した。

ジャクソンホール講演では、もろもろの疑問に対する一定の回答が期待されたが、その当ては外れた。写真は同講演でのイエレン議長
Photo:REUTERS/アフロ

 きっかけは、20日に公開された連邦公開市場委員会(FOMC)の議事録(7月29・30日分)である。その内容が、利上げに積極的な“タカ派”色の強いものと受け止められ、米国の金利上昇、日米の金利差拡大という思惑から、ドル買い円売りとなった。

 市場の注目は、さらに8月22日の、イエレン・連邦準備制度理事会(FRB)議長による「ジャクソンホール講演」に集まった。

 講演自体は無難な内容に終わったが、結果としては、先述の通りドル高円安が加速した。

 実のところ、議事録もイエレン議長の講演も、“経済指標次第で利上げを前倒しすることも、後ろ倒しすることもあり得る”と言っているにすぎない。市場は、その一面のみに反応したわけである。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


Close Up

激動する世界経済の流れに、日本も無縁ではいられない。政治・経済、企業・産業、社会の注目テーマをクローズアップし、独自の視点、切り口で「詳説」する。

「Close Up」

⇒バックナンバー一覧