ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
今週のキーワード 真壁昭夫

そもそも足もとの円安で日本経済は復活するのか?
改めて思いを馳せるべき“国力減退リスク”の現実

真壁昭夫 [信州大学教授]
【第342回】 2014年9月9日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

米国の金利動向に鑑み円安が加速
日本にとって必ずしもプラスではない

 足もとの為替市場で、一時1ドル=105円台に乗せるなど円安・ドル高の傾向が鮮明になっている。この背景には、米国景気の回復が明確化し始めていることに伴い、米国のFRB(連邦準備理事会)が金融政策を変更して、金利を引き上げることが現実味を帯びてきたことがある。

 FRBが政策金利を引き上げると、日米の金利差が拡大することになる。金利差が拡大すると、金利の低い通貨から高い通貨へと投資資金が移動することが想定され、ドル高・円安の傾向が強まる可能性が高い。

 金融専門家の間では、年末までには1ドル=108円台まで円安が進む可能性があるとの見方も出ている。円安傾向が鮮明化することは、自動車などわが国の主力輸出企業にとって重要な追い風になるものの、輸入企業にはマイナスの影響を与えることになる。

 そう考えると、円安が一段と進むことが必ずしもわが国経済にプラス効果をもたらすとは限らない。現在、わが国の貿易収支は赤字で、輸入の方が輸出よりも多い。そのため円安がさらに進むと、輸入企業の収益の悪化などを通して、わが国経済にマイナスの影響が及ぶことも考えられる。

 円安が進むと、輸出企業が多い株式市場は活発化することもあり、一般的に円安は、わが国経済にとってプラス要因と見られることが多い。しかし、中長期的に円安傾向が続くと、わが国の経済的な富が目減りするなどの弊害も多いことを理解する必要がある。

 現在のように、世界の主要国の間で自由に貿易が行われ、投資資金の流れにもほとんど制約がない状況になると、二国間の通貨の交換レートである為替が持つ意味は、極めて重要だ。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

真壁昭夫 [信州大学教授]

1953年神奈川県生まれ。一橋大学商学部卒業後、第一勧業銀行(現みずほ銀行)入行。ロンドン大学経営学部大学院卒業後、メリル・リンチ社ニューヨーク本社出向。みずほ総研主席研究員などを経て現職に。著書は「下流にならない生き方」「行動ファイナンスの実践」「はじめての金融工学」など多数。


今週のキーワード 真壁昭夫

経済・ビジネス・社会現象……。いま世の中で話題となっているトピックス、注目すべきイノベーションなどに対して、「キーワード」という視点で解説していきます。

「今週のキーワード 真壁昭夫」

⇒バックナンバー一覧