ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
公認会計士・高田直芳 大不況に克つサバイバル経営戦略

トヨタ・パナソニック・東芝の業績回復は本物か?
「タカダ式為替感応度分析」で“円安業績”を検証する

高田直芳 [公認会計士]
【第132回】 2014年5月9日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 先日、ある小売店で、計1,466円の買い物をした。筆者は財布から「千円札+五百円玉+小銭16円」を、若い男性店員に差し出した。

 彼は、筆者が差し出した小銭を見て、「16円、多いっす」と突き返してきた。ああ、そうか。釣り銭として五十円玉がほしい、という筆者の意図を理解してくれなかったようだ。

 ひところ、分数計算ができない大学生が話題になった。いまでは、足し算引き算にも難渋するようだ。「105円(税込)」から「105円(税抜)」へと値札を付け替えて、消費税率以上の「便乗値上げ」を目論む企業の狡猾さに、ころりと騙されてしまう人たちが増えていくのかもしれない。

 東京新聞(2014年4月25日付)によれば、「消費者庁や公正取引委員会によると、便乗値上げの法的な定義はなく、取り締まる法律もない」そうである。

 その消費税率が8%になって、自動販売機のコカ・コーラ(350ミリリットル缶)は1本130円になった。試しに「五百円玉+30円」を投入すると、百円玉が4枚、出てくる。ニッポンの自動販売機は賢いな、と感嘆してしまう。

 ちなみに、一部の自動販売機では2014年3月から、金色のコカ・コーラが出てくるようだ。子どもの頃から「グリコのおまけ」に目がなかった筆者にとって、こういう「景品もの」にはつい釣られてしまう。

 ところで、このコラムを執筆している日の為替相場によると、コカ・コーラを1本買うのに、1ユーロであればお釣りがくる。1ドルでは不足する。コカ・コーラの価格がドルとユーロのレンジ(分布幅)に収まる現在の為替相場が、ニッポン経済にとっては望ましいのかな、などと考えてしまった。

 自動販売機で外国通貨は使えない、という茶々は入れないことにする。今回は、コカ・コーラの価格に手が届きそうで届かないドル相場を中心に、昨今の円安が企業業績に与えている影響を検証する。

 すなわち、為替感応度分析の話である。

次のページ>> 為替感応度分析の復習
1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

高田直芳 [公認会計士]

1959年生まれ。栃木県在住。都市銀行勤務を経て92年に公認会計士2次試験合格。09年12月〜13年10月まで公認会計士試験委員(原価計算&管理会計論担当)。「高田直芳の実践会計講座」シリーズをはじめ、経営分析や管理会計に関する著書多数。ホームページ「会計雑学講座」では原価計算ソフトの無償公開を行なう。

------------ファイナンスの基礎知識が満載!------------
  ★高田直芳ホームページ『会計雑学講座』


公認会計士・高田直芳 大不況に克つサバイバル経営戦略

大不況により、減収減益や倒産に直面する企業が急増しています。この連載では、あらゆる業界の上場企業を例にとり、どこにもないファイナンス分析の手法を用いて、苦境を克服するための経営戦略を徹底解説します。

「公認会計士・高田直芳 大不況に克つサバイバル経営戦略」

⇒バックナンバー一覧