ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
30歳で400億円の負債を抱えた僕が、もう一度、起業を決意した理由
【第8回】 2014年9月29日
著者・コラム紹介バックナンバー
藤田晋 [サイバーエージェント代表取締役社長],杉本宏之 [起業家]

起業家対談シリーズ第2回 藤田晋
経営者は「流されない覚悟」がないとやっていけない
藤田晋×杉本宏之【前編】

1
nextpage

ビジネス・ノンフィクションとしての迫力にも満ちた『30歳で400億円の負債を抱えた僕が、もう一度、起業を決意した理由』の著者である起業家・杉本宏之氏が、本書の中にも登場する起業家と語り合う。第2回に登場するのは、どん底の時期、著者を支えた恩人でもある、サイバーエージェントの藤田晋氏である。(構成・寄本好則 写真・寺川真嗣)

経営者としての覚悟って
調子のいい時は忘れがち

藤田 『30歳で400億~』、売れているらしいね。

杉本 ありがとうございます。藤田さんと堀江さんに帯の推薦文をいただいたおかげです。

藤田 僕は知ってるエピソードも多かったのだけど、ブログにも書いたように、ご主人の退職金をエスグラントの株に投資して、励ましの手紙をくれた女性のエピソードは心に残った。経営者としてのエグい現実を突き付けられてる思いがした。退職金のような貴重な資金を投資してくれる株主や、人生を賭けて働いてくれる社員のことなど、調子のいい時は忘れがちになってしまうけど、経営者である限り、常に頭の片隅にあるからね。それはたとえ夜ごとに飲んだくれていたとしても。

杉本 そうですね。まして、危機に直面している時にいただいた手紙だったので、僕自身、今でも忘れることができません。

ある女性からの一通の手紙
地獄の底でのたうち回っている頃、ある女性からこんな手紙が届いた。

 拝啓 杉本社長様
 私は60歳を過ぎた年金生活者です。
 一昨年、お父さんが退職した時のお金でエスグラント株を購入しました。でも、昨近の経済情勢で株は下がり続け、ついに700万円の簿価が100万円を切りました。私は何度も売ろうとしたけれど、あなたの顔を見ているとなかなか売れなくて結局ここまで来てしまいました。とにかく辛い時も前を向いて頑張って下さい。

 700万円もの退職金を、私を信じて投資をしてくれたこのご夫婦に、今の俺は何ができるのか。こんな情けない男に、それでもまだ頑張れと言ってくれている。700万円も損をさせられたら、殺してやると言われても不思議ではない。
「いっそ、殺したいと言われたほうがましだ」
 私は手紙を握り締めて呻いた。(『30歳で400億円の負債を抱えた僕が、もう一度、起業を決意した理由』本文より)

藤田 この本を読んで僕が少し反省したのは、杉本くんが上り調子の時、誰かに紹介する際に「彼は年商70億の社長です」と、年商の金額を肩書き代わりにしていたこと。それが、杉本くんにとって年商額が自分のクラスを維持するために大切だっていうプレッシャーになってしまったんじゃないかと思う。

杉本 ああ、たしかに、売上規模の拡大に囚われたのは、最大の反省点です。つじつま合わせに躍起になっていましたから。

藤田 同じ不動産業のゴールドクレストの安川さんが、不動産業界が好況に沸いている中で新たな投資を手控えたエピソードが出てくるでしょう。

杉本 はい、実際のお付き合いはないんですけど、あえて書かせていただきました。

藤田 本の中で杉本くんも「踊るしかないパーティ」に浮かれてしまったと反省していたけど。当時の状況下で、安川さんがとった判断は周りからすると理解できなかったかもしれない。それでも誰に何を言われても自分の意思を貫く強さが、経営者には必要。

杉本 驚くほどのメンタルの強さだと感じます。

藤田 とにかく、踊ってしまった杉本くんの会社が潰れて、安川さんは生き残ったというのが現実。裏返すと、ほとんどの人は生き残れない。経営者は、すごく難しいことをやっているんだっていう意識を忘れてはいけない。この本が思い出させてくれました。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
まいにち小鍋

まいにち小鍋

小田真規子 著

定価(税込):本体1,100円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
簡単で安くて、ヘルシー。ポッカポカの湯気で、すぐにホッコリ幸せ。おひとりさまから共働きのご夫婦までとっても便利な、毎日食べても全然飽きない1〜2人前の小鍋レシピ集!「定番鍋」にひと手間かけた「激うま鍋」。元気回復やダイエットに効く「薬膳鍋」や、晩酌を楽しみたい方に嬉しい「おつまみ鍋」など盛り沢山!

本を購入する
著者セミナー・予定
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


藤田晋 [サイバーエージェント代表取締役社長]

1973年生まれ。青山学院大学卒。1997年、株式会社インテリジェンス入社。1998年 株式会社サイバーエージェント設立、代表取締役社長に就任。『渋谷ではたらく社長の告白〈新装版〉』『起業家』(いずれも幻冬舎)ほか著書多数。

 

杉本宏之(すぎもと・ひろゆき) [起業家]

1977年生まれ。高校卒業後、住宅販売会社に就職、22歳でトップ営業となる。2001年に退社し、24歳でエスグラントコーポレーションを設立。ワンルームマンションの分譲事業を皮切りに事業を拡大し、総合不動産企業に成長させる。2005年不動産業界史上最年少で上場を果たす。2008年のリーマンショックで業績が悪化、2009年に民事再生を申請、自己破産。その後再起し、エスグラントに匹敵する規模にグループを育て上げた。

 


30歳で400億円の負債を抱えた僕が、もう一度、起業を決意した理由

業界の風雲児として急成長企業を育て、最年少上場記録を打ち立て、最高益を叩きだした矢先、リーマンショックで巨額負債を抱え破たん。どん底から再起動へと歩む起業家は、失敗から何を教訓とし、迷惑をかけながら支えてくれた人々に何を伝えるのか? 本連載では、『30歳で400億円の負債を抱えた僕が、もう一度、起業を決意した理由』の一部を順次掲載していきます。

「30歳で400億円の負債を抱えた僕が、もう一度、起業を決意した理由」

⇒バックナンバー一覧