ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
30歳で400億円の負債を抱えた僕が、もう一度、起業を決意した理由
【第7回】 2014年9月10日
著者・コラム紹介バックナンバー
杉本宏之 [起業家],堀江貴文 [実業家、SNS株式会社ファウンダー]

起業家対談シリーズ第1回 ホリエモン
会社とは「やりたいことをやる」装置だ!
堀江貴文×杉本宏之 【後編】

1
nextpage

30歳で400億円の負債を抱えた僕が、もう一度、起業を決意した理由』が発売1ヵ月で4刷と大反響を呼んでいる。その著者である起業家・杉本宏之氏が、本書の中にもたびたび登場する堀江貴文氏と語り合う。お互いにどん底を経験して再起を果たした二人の考える起業家の思考とは? ――この対談は、ホリエモンチャンネルの収録に引き続いて行われた。対談の後半では、なんのために働くのか、なんのために会社を経営するのか、に議論がおよぶ。(構成・寄本好則 写真・寺川真嗣)

稼ぐのは義務であって目的ではない

編集部 旧態依然としたビジネスや企業経営に警鐘を鳴らすのは重要な意味があると思います。ただ、事業の目的の本質は、やはりお金儲けという面がありますよね。

堀江 え? 僕にとって事業の目的がお金儲けだったことはないですよ。

杉本 起業家には金儲けではない価値観で事業に取り組んでいる人が多い気がします。


堀江貴文(ほりえ・たかふみ)
1972年福岡県八女市生まれ。実業家。元・株式会社ライブドア代表取締役CEO。民間でのロケット開発を行うSNS株式会社ファウンダー。東京大学在学中の1996年、23歳のときに有限会社オン・ザ・エッヂ(後のライブドア)を起業。2000年、東証マザーズ上場。2004年から05年にかけて、近鉄バファローズやニッポン放送の買収、衆議院総選挙への立候補などといった世間を賑わせる行動で一気に時代の寵児となる。しかし2006年1月、証券取引法違反で東京地検特捜部に逮捕され懲役2年6ヵ月の実刑判決を下される。2013年11月、刑期を終了したのを機に著書『ゼロ』を刊行し新たなスタートを切った。

堀江 そもそも、事業をイメージする時に、お金のためとかお金のためじゃないなんていうこと自体を考えたことがない。意味ないよね、そんなこと。

杉本 あ、でも堀江さん、以前『稼ぐが勝ち』とか、金儲けが大事と思えるタイトルの本を書いてましたよね。

堀江 書いたよ。でも『稼ぐが勝ち』は「小さな成功体験を積み上げて自信をつけよう」ということを書いた本であって、金儲けしろなんて書いてない。

杉本 でも、マスコミにはことあるごとに拝金主義者と言われてしまう?

堀江 うん。だって、マスコミは僕の本読んでないからね。読んでたら、あんなこと言ったり書けるわけがない。タイトル見ただけで中身も読んでないヤツらに批判されても気にしないし、どうでもいいんだけどさ。とにかく、仕事は稼ぐためにやるんじゃない。やりたいことをやれるなら、そんなに稼げなくてもいいんじゃないのっていうこと。僕にはやりたいことがあるから、やりたいことを実現するための「装置」を作っていく、ただそれだけですね。

杉本 たしかに、起業家の感覚はその通りだと思います。

堀江 ただ、装置を作って回り始めると上場とかしちゃうんで、上場したら株主を儲けさせることが義務になる。やりたいことの資金を集めて上場したら、もちろん義務を負うわけです。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
自分の時間を取り戻そう

自分の時間を取り戻そう

ちきりん 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
生産性は、論理的思考と同じように、単なるスキルに止まらず価値観や判断軸ともなる重要なもの。しかし日本のホワイトカラー業務では無視され続け、それが意味のない長時間労働と日本経済低迷の一因となっています。そうした状況を打開するため、超人気ブロガーが生産性の重要性と上げ方を多数の事例とともに解説します。

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


杉本宏之(すぎもと・ひろゆき) [起業家]

1977年生まれ。高校卒業後、住宅販売会社に就職、22歳でトップ営業となる。2001年に退社し、24歳でエスグラントコーポレーションを設立。ワンルームマンションの分譲事業を皮切りに事業を拡大し、総合不動産企業に成長させる。2005年不動産業界史上最年少で上場を果たす。2008年のリーマンショックで業績が悪化、2009年に民事再生を申請、自己破産。その後再起し、エスグラントに匹敵する規模にグループを育て上げた。

 

堀江貴文 [実業家、SNS株式会社ファウンダー]

1972年福岡県八女市生まれ。血液型A型。実業家。元・株式会社ライブドア代表取締役CEO。民間でのロケット開発を行うSNS株式会社ファウンダー。東京大学在学中の1996年、23歳のときに有限会社オン・ザ・エッヂ(後のライブドア)を起業。2000年、東証マザーズ上場。2004年から05年にかけて、近鉄バファローズやニッポン放送の買収、衆議院総選挙への立候補などといった世間を賑わせる行動で一気に時代の寵児となる。しかし2006年1月、証券取引法違反で東京地検特捜部に逮捕され懲役2年6ヵ月の実刑判決を下される。2013年11月に刑期を終了し、ふたたび自由の身となって「ゼロ」からの新たなスタートを切った。自身のブログ「六本木で働いていた元社長のアメブロ」で独自の見解を展開中。著書に『徹底抗戦』『人生論』『希望論』など。TV、ラジオ、インターネット番組と幅広く活躍中。


30歳で400億円の負債を抱えた僕が、もう一度、起業を決意した理由

業界の風雲児として急成長企業を育て、最年少上場記録を打ち立て、最高益を叩きだした矢先、リーマンショックで巨額負債を抱え破たん。どん底から再起動へと歩む起業家は、失敗から何を教訓とし、迷惑をかけながら支えてくれた人々に何を伝えるのか? 本連載では、『30歳で400億円の負債を抱えた僕が、もう一度、起業を決意した理由』の一部を順次掲載していきます。

「30歳で400億円の負債を抱えた僕が、もう一度、起業を決意した理由」

⇒バックナンバー一覧