「30歳で400億円の負債を抱えた僕が、もう一度、起業を決意した理由」記事一覧

第2章 暗雲-- 「傲り」を象徴する出来事が僕を蝕み始めていた【その5】「『業績』という名の魔力が経営者の正気を奪う」
第2章 暗雲-- 「傲り」を象徴する出来事が僕を蝕み始めていた【その4】「銀行の融資が止まれば業績は一気に落ちる」