ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
分類王・石黒謙吾の「発想を広げるインフォグラフィック思考」

「福笑い」を「さまざまなキャラのパーツ」
12種類で作ってみたインフォグラフィック

石黒謙吾 [著述家・図考師]
【第28回】 2014年9月17日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

伝えたい情報を直感的にわかるように、グラフィカルに表現する「インフォグラフィック」。この「相手がぱっとわかるように工夫する」という考え方のクセそのものが、コミュニケーション上手にしてくれるはず。本連載は、情報をよりわかりやすく、という枠を超え、発想そのものを広げるための教科書だと思ってください。どうやってこのアウトプットに辿り着いたか、発想のスタート地点から解説していくことで、「考え方のプロセスと構造」がわかります。今回のお題は、筆者が大好きなレトロ系ジャンルの中から、「福笑い」を取り上げます。

時代時代で多彩な横顔を
見せるレトロ系アイテム

 この連載中、あらゆるものを好きだ好きだと言ってきてる、趣味とっちらかり系の僕ですが、今回もまた別のジャンルから好物ネタをほじくり出してきますが、レトロモノ、です。

 昔、小学館『sabra』創刊時、まだグラビア雑誌になりきってなく、カルチャー路線もあった頃、「いにしえ廣告」という連載をやってました。レトロ系ポスターや看板のビジュアルを使い、いまの商品を、「見立て」で広告するという企画でした。

 右の2つの画像の解説はここに上げてます。雑誌の軟化に内容が合わず(笑)、7回で終わったのですが、自分としては、作る深みを感じながらの大変やりがいのあるクリエイションを愉しみました。

 もともとレトロ系は、江戸明治大正昭和あたりならどのゾーンもそれぞれの良さがあり、すべてカバーして大好き。といっても、なにしろ興味が多いもので精神的にも物理的にも、レトロモノ現物コレクションまではなかなか追いつかない。もっぱら、本の収集にとどまっていました。しかし「いにしえ廣告」連載時は、どうしてもホンモノの印刷物を手に入れたくなる。そこで、そういうモノを置いてあるお店を訊ね、使えるものを(安価限定!)物色していました。

 そんな時に出合って、何かできるだろうと買ったのが、今回のインフォグラフィックに用いた「福笑い」の用紙(?)でした。たしか1000円もしなかったしはずだし。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

石黒謙吾 [著述家・図考師]

いしぐろ・けんご/1961年金沢市生まれ。映画化もされたベストセラー『盲導犬クイールの一生』をはじめ、『2択思考』『エア新書』『分類すると地アタマが良くなる』『ダジャレ ヌーヴォー』など、硬軟取り混ぜ著書多数。チャートを用いて構造オチの笑いに落とし込む「図考師」としての著書に『図解でユカイ』が。プロデュース&編集の書籍も幅広いジャンルで200冊を手がける。野球とビールと犬と笑いを愛する。全キャン連(全国キャンディーズ連盟)代表。
■ブログ=イシブログケンゴ
著書・編書一覧


分類王・石黒謙吾の「発想を広げるインフォグラフィック思考」

 伝えたい情報を直感的にわかるように、グラフィカルに表現する「インフォグラフィック」。と聞くと、デザイナーやクリエーターにしか関係ないもの、と思っていませんか? それは違います。もったいない。どんな仕事でも、いや、私生活においてでも、この「相手がぱっとわかるように工夫する」という考え方のクセそのものが、コミュニケーション上手にしてくれるはず。
 僕は15年前から、さまざなな事象を、チャート図解を用いて構造オチに落とし込む「分類王」として、雑誌やWEBでクリエイションを発表してきました。なかでももっともビジュアルに凝り、一種のART作品という認識で、『編集会議』に30回にわたり発表していたのが、この連載で例題としてあげていく「発想するインフォグラフィック」です。
 このビジュアルは情報をよりわかりやすくという枠を超え、発想そのものを広げるための教科書だと思ってください。どうやってこのアウトプットに辿り着いたか、発想のスタート地点から解説していくことで、「考え方のプロセスと構造」がわかります。

「分類王・石黒謙吾の「発想を広げるインフォグラフィック思考」」

⇒バックナンバー一覧