ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
一瞬で「本音」を聞き出す技術
【第4回】 2014年9月19日
著者・コラム紹介バックナンバー
井上公造

なぜ、僕は人が知らない情報を集められるのか?

1
nextpage

同じ意味を指していても、言葉の違いで、人は感情をあらわにする。新聞記者時代のある出来事がきっかけで、人が「本音」を話す瞬間を知りました。まさに、『一瞬で「本音」を聞き出す技術』の原点がここに! 本書序章を2回にわけてご紹介します。

本音を聞き出すきっかけとなった「家族」と「遺族」の差

 知らない方もいると思いますが、僕は芸能リポーターという職業につく前、雑誌記者、そして、新聞記者をしていた時期がありました。意外ですか?

 記者当時、日本中を揺るがす大きな事故が発生し、現地へ取材に行きました。

 公衆電話から会社に電話をし、「そっちの状況はどうだ?」と聞かれた僕は何の考えもなしに、「ご遺族の方がたくさん集まっていらっしゃいます」と答えたのです。

 その瞬間、後ろに並んでいた男性から、「遺族ってなんだ!」と、思いっきり頭を殴られました。

 無意識にしてしまった発言ですが、これがある意味、僕の人生においてターニングポイントとなった大きな出来事の一つでした。何が問題だったかおわかりでしょうか?

 僕は、「ご遺族」ではなく「ご家族」と言うべきだったんです。

 その男性にとっては当然「家族」と言ってほしいというのが本音。

 普段、何気なく使っている言葉でも、状況によって、相手の気持ちはプラスにもマイナスにも左右される。相手が本音を露わにする可能性に触れた瞬間でもありました。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
9割の日本人が知らない お金をふやす8つの習慣

9割の日本人が知らない お金をふやす8つの習慣

生形大 著

定価(税込):2017年3月   発行年月:本体1,500円+税

<内容紹介>
日系企業から転職した外資系金融マンが明かすお金の知識。なぜ日本のサラリーマンは高収入でも貧乏なのか? なぜかお金が減ってしまう人は知っておきたいお金をふやす習慣。年収1億円の元外資系金融マンが明かす「お金に働いてもらう」、「フロービジネスではなく、ストックビジネスを増やす」方法がわかる!

本を購入する
著者セミナー・予定

(POSデータ調べ、3/12~3/18)



井上 公造(いのうえ・こうぞう)

1956年、福岡市生まれ。西南学院大学商学部卒業。食品メーカーの会社員、フリーライター、新聞記者などを経験し、1986年に芸能リポーターに転身。株式会社KOZOクリエイターズ(http://www.kozo-creators.co.jp/)を運営し、芸能リポーターのリーダーとして、芸能ジャーナリズムで幅広く活躍する。現在は、日本テレビ「スッキリ!!」、フジテレビ「ワイドナショー」、読売テレビ「情報ライブ ミヤネ屋」、「あさパラ!」、「上沼・高田のクギズケ!」、朝日放送「おはよう朝日です」、「キャスト」、関西テレビ「お笑いワイドショー マルコポロリ!」、中京テレビ「キャッチ!」、RKB毎日放送「今日感テレビ」などにレ ギュラー出演中。編集長を務める公式モバイルサイト「井上公造芸能」(http://sp.kozo.tv/)では、ホットな芸能ニュースを毎日配信している。


一瞬で「本音」を聞き出す技術

芸能リポーター歴28年で、取材した人数はなんと10万人超。そんな圧倒的な取材量を通して身に付けたのは、本音の引き出し方でした。どんなスゴ技か?と思われるでしょう。でも実は、言葉の使い方や仕草をほんの少し工夫しているだけ。誰でも使える“技術”なのです。仕事でもプライベートでも活用できる、相手がつい本音をもらすコミュニケーション術を紹介していきます!

「一瞬で「本音」を聞き出す技術」

⇒バックナンバー一覧