ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
公認会計士・高田直芳 大不況に克つサバイバル経営戦略

地道な努力によるブランド戦略が奏功
不況でも急低下しないソニーの“現場力”

高田直芳 [公認会計士]
【第5回】 2009年4月10日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 第4回コラムでは、数多くのグラフを掲載して電機メーカー各社の問題提起を行ない、シャープ型経営の“誤算”について詳述した。今回は、前回と同じくシャープ型、ソニー型、東芝型の検証をそれぞれ行ないながら、「ソニー型経営の特徴」を分析してみよう。

 なお、筆者はシャープだけでなく、ソニーや東芝の社内事情を全く知らない(このうち某社の工場見学には行ったことがあるが)。よって、これから述べる内容は筆者の勝手な解釈であり、「こうなのだろう」という推測を含んでいる点をご承知いただきたい。

電機各社の買入債務回転期間
〔図表1〕電機各社の買入債務回転期間

 それでは、今回は切り口を変えて、シャープ、ソニー、東芝の「買入債務の回転期間」(〔図表1〕)を分析することから始めよう。

 買入債務とは、支払手形と買掛金を合わせたものである。買入債務回転期間は、「仕入れに伴う債務を支払うのに何日分の売上高が必要か」を表す指標であり、基本的には高いほど支払いに余裕が生まれるため、財務体質は健全と評価される。

 一般に売上高をベースに算出されるようだが、〔図表1〕はそれと異なり、筆者オリジナルの調整を加えてある。おそらく、〔図表1〕のほうが現場の感覚に合っているはずだ。

 経営分析は、主に経営幹部によって用いられる。彼らの多くは現場から離れて久しいため、経営分析のデータは何よりも“現場の感覚”に合致した指標を模索する必要がある。

買入債務回転期間から紐解く
シャープの強みとは?

 〔図表1〕を見てまず目を引くのが、「シャープの回転期間の長さが際だっていること」である。ここでは3社を比較しているだけだが、他の電機メーカーと比較しても、シャープの回転期間は総じて長い。シャープは、支払い管理が特に厳しいのだろうか?

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

高田直芳 [公認会計士]

1959年生まれ。栃木県在住。都市銀行勤務を経て92年に公認会計士2次試験合格。09年12月〜13年10月まで公認会計士試験委員(原価計算&管理会計論担当)。「高田直芳の実践会計講座」シリーズをはじめ、経営分析や管理会計に関する著書多数。ホームページ「会計雑学講座」では原価計算ソフトの無償公開を行なう。

------------ファイナンスの基礎知識が満載!------------
  ★高田直芳ホームページ『会計雑学講座』


公認会計士・高田直芳 大不況に克つサバイバル経営戦略

大不況により、減収減益や倒産に直面する企業が急増しています。この連載では、あらゆる業界の上場企業を例にとり、どこにもないファイナンス分析の手法を用いて、苦境を克服するための経営戦略を徹底解説します。

「公認会計士・高田直芳 大不況に克つサバイバル経営戦略」

⇒バックナンバー一覧