ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
齋藤ウィリアム浩幸 日本の欠落、日本の勝機

“おもてなしの国”のはずなのに
世界で勝てるシステムは、なぜ出てこないのか?

齋藤ウィリアム浩幸 [内閣府本府参与]
【第3回】 2014年9月29日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

今注目されている製品も
いずれ“パーツ”になる

 今の時代、人気があって需要の多い製品ほど、値段はどんどん安くなり、いずれ新しいシステムの「パーツ」になります。

 20~30年前は、秋葉原でトランジスタやコンデンサなどのバラバラの部品を買ってきて、ハンダ付けしてラジオを作っていました。やがてそれがIC化され、今ではラジオ自体が1つの「パーツ」になっています。

 カメラやビデオなども同じ道をたどっています。私が今手に持っているこのスマホには、電話やカメラ、動画、時計、計算機などおよそ17の機能が入っているといわれています。しかし、このスマホですら、いずれシステムの一部になるでしょう。ただのカメラ、ただの電話、ただのラジオなど、シングルユースの製品はますます売れなくなります。

 この連載の第1回で「半導体やストレージなどの開発に投資してはいけない。これらは値段がどんどん安くなり、いずれタダになる可能性が高いからだ」と書きましたが、同様に「パーツ屋」の将来も明るいとはいえません。

 1つひとつのパーツをつくる技術力が高くても、それだけではいずれ厳しい状況に追い込まれてしまう可能性が高い。なぜかというと、競合先が現れ、パーツがどんどん安くなる流れは止められないからです。

 打開策として考えられるのが、革新的な技術を組み入れた新しいサービス全体を設計する「システムシンキング(システム思考)」です。ここが日本は非常に弱い。今注目されている製品・技術はいずれ安くなってパーツになるということを先読みし、まったく新しいビジネスモデルを考えることが重要なのです。

ウェアラブルを取り入れた
新しいビジネスを考える

 今、アップル社製の「Apple Watch」など、ウェアラブルデバイスの「スマートウォッチ」が話題になっています。アップルの製品はルックスもよく、何百万個も売れることでしょう。そして、もしかしたら独自の機能をたくさんつけた “ガラパゴス・スマートウォッチ”が登場するのかもしれません。日本製スマホの二の舞を踏まないかと、いささか心配しているのですが…。

 しかし、このブームに乗せられて、スマートウォッチの開発競争に参加するのは、ぜひとも避けなければいけない。ウェアラブルデバイスもどんどん安くなり、いずれパーツ化されるからです。

 ですから、安くなったウェアラブルデバイスを使うシーン全体をデザインし、新しいビジネスモデルを今から考えることが必要なのです。

 たとえば、米国のあるベンチャー企業は、ウェアラブルデバイスに内蔵される機能を絞り込んで値段を安くし、荷物の中に入れるサービスを開発中です。

 これが完成すれば、荷物が今どこにあるのかはもちろん、輸送途中の振動や温度はどうだったか、乱暴な取り扱いはなかったかといったことがわかります。とくに壊れやすい精密機器や傷みやすい果物などの場合、もし壊れていたり腐っていたりしたら原因は何か、責任は誰にあるのかを特定することができるので、大変便利なことは想像できます。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
IT&ビジネス
関連記事
クチコミ・コメント
facebookもチェック

齋藤ウィリアム浩幸 [内閣府本府参与]

さいとう・ウィリアム・ひろゆき
1971年ロサンゼルス生まれの日系二世。16歳でカリフォルニア大学リバーサイド校に合格。同大学ロサンゼルス校(UCLA)医学部卒業。高校時代に起業し、指紋認証など生体認証暗号システムの開発で成功。2004年に会社をマイクロソフトに売却してからは日本に拠点を移し、ベンチャー支援のインテカーを設立。有望なスタートアップ企業を育成している。12年には、総理大臣直属の国家戦略会議で委員を拝命し、国会事故調査委員会では最高技術責任者を務めた。また13年12月より内閣府本府参与に任命されている。世界経済フォーラム(ダボス会議)「ヤング・グローバル・リーダーズ2011」選出。2015年6月より、パロアルトネットワークス合同会社副会長に就任。著書に『ザ・チーム』(日経BP社)、『その考え方は、「世界標準」ですか?』(大和書房)。

ご意見は、ツイッター@whsaitoまで。

 


齋藤ウィリアム浩幸 日本の欠落、日本の勝機

歴史的に、世界に挑むチャレンジ精神は本来、日本人が持っていた気質。しかし今の時代、日本のお家芸“ものづくり”だけでは新興国に負けるのは火を見るよりも明らかだ。成長へと反転攻勢に転じるために必要なものは何か――。それは革新的なイノベーションを起こすための「世界標準の思考」に他ならない。気鋭の起業家であり、技術者である筆者が、日本が再び世界をリードしていく道はなにかを説く。

「齋藤ウィリアム浩幸 日本の欠落、日本の勝機」

⇒バックナンバー一覧