ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
齋藤ウィリアム浩幸 日本の欠落、日本の勝機

3Dプリンタの進化と普及は
日本がイノベーションを起こすビッグチャンス!

齋藤ウィリアム浩幸 [内閣府本府参与]
【第2回】 2014年8月18日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

先進国のものづくりが
激変する可能性

低価格3Dプリンタの例

 ヨドバシカメラやビックカメラなどの家電量販店でコーナーが設けられるほど普及してきた「3Dプリンタ」。私は、この3Dプリンタの技術こそ、日本が起こすべきイノベーションのカギを握っていると考えています。

 ご存知のとおり3Dプリンタは、樹脂や金属といった材料を少しずつ積層しながら固めて、データ(設計図)どおりの立体物をつくるマシンです。

 こう書くと、前回の私のメッセージと矛盾するのではないかと思われる方もいるかもしれませんね。たしかに私は前回、「日本のお家芸“ものづくり”だけでは新興国に負けるのは明らか」と言いました。でも、モノをつくる3Dプリンタに注目せよというのは、一見矛盾しているかのようでそうではないのです。

 理由を端的にいうと、これから述べるように、3Dプリンタの技術が進化、普及していくと、先進国のものづくりのあり方やコストが大きく変わり、人件費の安い新興国に製造拠点を移すという発想そのものが覆される可能性があるからです。

 本当にそうなのか。まずは今何が起こっているのか、世の中のトレンドを見てみましょう。

アトムからエレクロトンへ、
そして再びアトムへ

 IT革命によって、時代の主流は「アトム(原子)からエレクロトン(電子)へ」と移りました。これは、物理的な世界からバーチャルな電子情報の世界への移行を意味します。たとえば、新聞を読むとき、アトムの世界では印刷された紙という物理的なモノが必要でした。しかし、今ではスマートフォンやタブレットなどで、いつでも好きなときに電子化された情報を読むことができます。これがエレクトロンの世界です。

 他にも、音楽CDはダンロードできる配信音楽へ、現金からクレジットカードへ、出張からWeb会議へ、コミュニケーションはSNSへ――と移っています。クラウドサービスの進化やビッグデータの活用なども、エレクトロンの発展の中で進んでいます。

 そして今、3Dプリンタの登場によって、世界は次のステージへと踏み出しました。それが「エレクトロンから再びアトムへ」。電子情報を基にもう一度、物理的なモノを再構築する段階に入ったのです。

 つまり、3Dプリンタの登場は、時代の流れをもう一度アトムに引き戻すという画期的なできごとといえるわけです。

 では、具体的にどう活用できるのか。たとえば、人類が月に家を建てるとしましょう。地球から建材を運んでいたら、大変な手間とコストがかかってしまいます。そこで、家の構造と建材についてのデータを月に送信します。月では、そのデータを基に、月にある砂を使って3Dプリンタで建材をつくり、家を建てます。このように3Dプリンタは、バーチャルな情報を構造物に戻すことができる人類初の技術なのです。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
IT&ビジネス
関連記事
クチコミ・コメント
facebookもチェック

齋藤ウィリアム浩幸 [内閣府本府参与]

さいとう・ウィリアム・ひろゆき
1971年ロサンゼルス生まれの日系二世。16歳でカリフォルニア大学リバーサイド校に合格。同大学ロサンゼルス校(UCLA)医学部卒業。高校時代に起業し、指紋認証など生体認証暗号システムの開発で成功。2004年に会社をマイクロソフトに売却してからは日本に拠点を移し、ベンチャー支援のインテカーを設立。有望なスタートアップ企業を育成している。12年には、総理大臣直属の国家戦略会議で委員を拝命し、国会事故調査委員会では最高技術責任者を務めた。また13年12月より内閣府本府参与に任命されている。世界経済フォーラム(ダボス会議)「ヤング・グローバル・リーダーズ2011」選出。2015年6月より、パロアルトネットワークス合同会社副会長に就任。著書に『ザ・チーム』(日経BP社)、『その考え方は、「世界標準」ですか?』(大和書房)。

ご意見は、ツイッター@whsaitoまで。

 


齋藤ウィリアム浩幸 日本の欠落、日本の勝機

歴史的に、世界に挑むチャレンジ精神は本来、日本人が持っていた気質。しかし今の時代、日本のお家芸“ものづくり”だけでは新興国に負けるのは火を見るよりも明らかだ。成長へと反転攻勢に転じるために必要なものは何か――。それは革新的なイノベーションを起こすための「世界標準の思考」に他ならない。気鋭の起業家であり、技術者である筆者が、日本が再び世界をリードしていく道はなにかを説く。

「齋藤ウィリアム浩幸 日本の欠落、日本の勝機」

⇒バックナンバー一覧