HOME

メタボリック

肝臓

腰痛・肩こり

高血圧・高脂欠症

うつ・ストレス

ニオイ

薄毛

老化防止

禁煙

男の病気

働き盛りのビジネスマンを襲う 本当に怖い病気

昇進した途端、うつ病に!
平社員に戻っても治らないその理由

【第4回】

多くの同僚が早期退職
喪失感のなか本社管理職へ昇進

長引く心の不調で
休職を余儀なくされたDさん(45歳)

 長年、売り場の陣頭指揮に立ってきた小売業のDさん。接客が好きで、小売の世界に入った。子供が小さい頃は、父親参観日や、運動会など子供の幼稚園や学校のイベントに行けないことに後ろめたさがあったが、子供が大きくなるとそれも感じなくなっていた。職場の仲間と目標の数字の達成のためにがむしゃらに頑張ってきた。それが楽しかった。

 しかし、ここ数年で状況が一変した。長引く不況から、会社が募集した希望早期退職に、同期や先輩たちのほとんどが応募していたのだ。ショックだった。最終的には、会社が予定していた3倍の人数が退職した。送別会があちらこちらで行われ、戦友いなくなったという喪失感に襲われた。

 それが一段落すると辞令が出され、Dさんは現場から本社に戻り管理職に昇進する。

 Dさんの職場では管理職になるとデスクの幅が広がり、椅子が両肘つきになる。あんなに憧れていた両肘つきの椅子なのに、居心地が悪い。

 そして挨拶周りと引き継ぎが終わり、異動から1ヵ月を過ぎた頃からDさんの体の不調がはじまった。パソコンに向かう手が止まるようになっていた。

 最初に現れた症状は背中の激しい「こり」だ。重い鉄板を背負っているように背中が痛い。次に現れたのは胃腸の不調。お腹に硬い石が入っているように重い。そのうち食べ物の味がしなくなった。まさに砂を噛んでいるようだった。でも人に話せなかった。そのうち、食べることが、億劫になり、痩せてきた。

 その頃、会社の健康診断があり、受診。血液検査やレントゲン、すべての検査結果は、異常なしであった。しかし、思い切ってこのところの不調を医師に打ち明けた。話しているうちに涙が出てきていた。医師はうつ病を疑い、精神科の診断を勧めた。Dさんの会社が提携している精神科の医師に紹介状を書いた。

1 2 3 >>
このページの上へ

働き盛りのビジネスマンを襲う 本当に怖い病気

日々の仕事・生活の中で、知らぬ間に身体が蝕まれているビジネスマンたち。重大な病に陥れば、最悪の場合、死を招く恐れもあります。この連載では、そんな病気のサインを見逃さず、健康で過ごす秘訣をお伝えします。

「働き盛りのビジネスマンを襲う 本当に怖い病気」

⇒バックナンバー一覧