ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
今週のキーワード 真壁昭夫

あのスコットランド住民投票は何だったのか?
荒唐無稽な独立の論理とグローバリズムの逆回転

真壁昭夫 [信州大学教授]
【第345回】 2014年9月30日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

スコットランド住民投票は何だったか?
やや荒唐無稽な「独立派の論理」

 9月18日、スコットランドの独立を決める住民投票が実施され、独立反対派が多数を占めスコットランドは英国に残ることが決定した。住民投票自体は穏当な結果に落ち着いたが、今回の住民投票が投げかけた波紋は小さくない。

 数ヵ月前までの世論調査では、独立反対派が賛成派を大きく上回っていたため、住民投票に対する注目度は高くなかった。ところが9月に入って、賛成派が勢いを得て反対派を上回るとの観測が出たあたりから様相が一変した。

 英国のキャメロン首相など大物政治家が次々にスコットランドに足を運び、独立に「ノー」の票を投じるよう説いて回った。また、投票の結果がどうであれ、スコットランドの大幅な自治を認める旨を表明せざるを得なかった。一時は独立派の勢いが強く、スコットランドが英国から独立した後のことが取り沙汰されたほどだった。

 今回の独立に関する動きには、専門家の間からいくつかの疑問が投げかけられていた。仮にスコットランドが独立した場合には、独立派の目論見では独自の通貨を持たず、英国と通貨同盟を締結してポンドを使うとしていた。

 しかし、それではスコットランドとして通貨主権を放棄し、金融政策も英国に任せることになる。名目上、スコットランドは独自のアイデンティティを持てるだろうが、それでは本来の意味での独立国としての条件を満たしているとは言えないだろう。

 独立賛成派としては、単に北海油田からの収益をスコットランドが受け取る――。行政などの面倒な仕事を英国に任せ、“いいとこどり”を目論んでいるとの批判もあった。本来の独立国とは、そうしたコンセプトではないはずだ。

 スコットランド人は、歴史的にも精神的にも独立に対する欲求は強く、自身のアイデンティティ意識は高いと言われてきた。英国にいた頃、「Are you English?」(英国人ですね)と尋ねると、「No,I am Scotish.」(いいえ、スコットランド人です)と答えられることがあった。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

真壁昭夫 [信州大学教授]

1953年神奈川県生まれ。一橋大学商学部卒業後、第一勧業銀行(現みずほ銀行)入行。ロンドン大学経営学部大学院卒業後、メリル・リンチ社ニューヨーク本社出向。みずほ総研主席研究員などを経て現職に。著書は「下流にならない生き方」「行動ファイナンスの実践」「はじめての金融工学」など多数。


今週のキーワード 真壁昭夫

経済・ビジネス・社会現象……。いま世の中で話題となっているトピックス、注目すべきイノベーションなどに対して、「キーワード」という視点で解説していきます。

「今週のキーワード 真壁昭夫」

⇒バックナンバー一覧