ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
なぜ、一流の人は「疲れ」を翌日に持ち越さないのか
【第8回】 2014年10月1日
著者・コラム紹介バックナンバー
裴英洙 [医師・MBA/ハイズ株式会社代表取締役社長]

疲れを感じたら即「昼寝」!
あなたを一流のビジネスパーソンにする
「戦略的な昼寝」のススメ

1
nextpage

 「今、職場で『昼寝』を許可する会社が続々と増えています。
インターネットで、『昼寝』『グッズ』などと検索すると、オフィスでの昼寝を快適にする便利なグッズが次々と出てきます。

 確かに昼寝は午後のパフォーマンス向上のためにはぜひおすすめしたいのですが、私が知る限り9割の方が間違った昼寝をしています」そう語るのは、医師でありMBAホルダーであり、コンサルタントでもある裴英洙先生。仕事の効率を上げるために行っている昼寝がかえって体に疲れを溜めることも? 果たしてそのメカニズムとは?

「眠くなくても昼寝せよ」
その根拠とは?

 突然ですが、私はよく昼寝をします。
 ソファがあればそこで、机の上でも、電車の中でも行います。たまには仕事先の病院の空きベッドででも行いますが、そのときはできるだけ人目につかないようにすることを心がけます。
前日の夜の睡眠不足のあるなしにかかわらずです。

 普段から仕事のスケジュールを3区切りして考えている私は、ランチタイムをランチと昼寝を1セットとして考えているからです。
 ある意味、ルーチンワークのようなものです。仕事中に寝るとは不謹慎だ! とお叱りを受けるかもしれませんが、私は疲れた体で仕事を続けてパフォーマンスを下げるほうがよほどプロとして不謹慎だと考えているからです。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
自分の時間を取り戻そう

自分の時間を取り戻そう

ちきりん 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
生産性は、論理的思考と同じように、単なるスキルに止まらず価値観や判断軸ともなる重要なもの。しかし日本のホワイトカラー業務では無視され続け、それが意味のない長時間労働と日本経済低迷の一因となっています。そうした状況を打開するため、超人気ブロガーが生産性の重要性と上げ方を多数の事例とともに解説します。

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


裴英洙 [医師・MBA/ハイズ株式会社代表取締役社長]

はい・えいしゅ/医師・医学博士、MBA。ハイズ株式会社代表取締役社長。

 

1972年奈良県生まれ。 金沢大学医学部卒業、金沢大学大学院医学研究科修了。金沢大学医学部卒業後、金沢大学第一外科(現・心肺・総合外科)に入局し、大学病院や基幹病院を中心に、主に胸部外科(肺がん、心臓病など)に従事し、日々手術に明け暮れる。その後、金沢大学大学院に入学し、外科病理学を専攻し医学博士を取得。さらに、病理専門医を取得し、市中病院にて病理医として病気の最終診断にかかわり、年間1万件以上の重大疾病の診断をこなす。

また、医師として働きつつ慶應義塾大学大学院経営管理研究科(慶應ビジネス・スクール)にて医療政策・病院経営の第一人者の田中滋教授に師事。同ビジネス・スクールを首席で修了。フランスグランゼコールESSEC大学院交換留学。ビジネス・スクール在学中に医療機関再生コンサルティング会社を設立。多数の医療機関の経営支援、ヘルスケア企業の医学アドバイザー業務などを行なっている。 現在も医師として臨床業務をこなしつつ、臨床の最前線からのニーズを医療機関経営に活かすハンズオン型支援を行なう。

著書に『10の仕事を1の力でミスなく回すトリアージ仕事術』『なぜ、一流の人は「疲れ」を翌日に持ち越さないのか』(ダイヤモンド社)、『医療職が部下を持ったら読む本』(日経BP社)などがある。

 


なぜ、一流の人は「疲れ」を翌日に持ち越さないのか

徹夜明けでも疲れを感じさせない、飲み会や接待の翌日もバリバリ仕事をこなしている……なぜ、一流と呼ばれる「デキる」ビジネスパーソンは、「疲れ」を翌日に持ち越さないのか? 現役医師であり、会社社長であり、企業コンサルタントでもある著者が「疲れ」から最速で回復する簡単なコツを紹介!
 

「なぜ、一流の人は「疲れ」を翌日に持ち越さないのか」

⇒バックナンバー一覧