ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
働く男女の「取扱説明書」

こんな部下に注意!「自宅で昼寝する営業マン」と「サボれないE型女」

――男と女、サボリ上手なのはどっち?

西川敦子 [フリーライター]
【第2回】 2008年7月25日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 中田課長は前から不思議に思っていた。

 会社の喫煙室にいるのは、いつも同じ男性社員の面々だ。雑談したり、ぼうっとしたりして、適当に息抜きしている。たまに非常階段でタバコを吸っている社員もいるが、これも男性だ。「ちょっとそこらへ打ち合わせに」とか言いながら、いつのまにか社内から消えているのも男性である。

 ところが、女性はこうした場所にけっして現れない。ランチに外出するほかは、周りと私語を交わすくらいで、サボっているような様子はまるでない。「うちの女性社員はみんな真面目なんだなあ」とひそかに感心していた。

 それが単なる思いこみにすぎなかったと気づいたのは、ごく最近だ。ある日、突然女子トイレの火災警報機が鳴り響いたのである。原因はタバコの火の不始末。現場に駆け付けた管理部の担当者によれば、女子トイレにはタバコやライターのほか、化粧品、ホットカーラー、マンガなどあらゆる私物が溢れていたという――。

 「まさかトイレとは。うかつだった…」

 以来、中田氏は女性部下の一日のトイレ回数を、ひそかにチェックするようになってしまった。

男性の「サボリ時間」は
女性の倍!?

 男性と女性、サボり上手なのははたしてどちらか?

 もちろん冒頭のように、男性も女性もそれぞれ工夫して息抜きを楽しんでいる。とはいえ、あからさまなサボりは、とくに男性に多くみられるようだ。ことにルート営業やB to B営業の担当者だと、アポイントとアポイントの間の時間調整がどうしても必要になる。

 周囲の営業マンにリサーチしてみたところ、パチンコ、マンガ喫茶、ゲームセンター、サウナなどはあたりまえ。中には「自宅に帰って昼寝する」「スポーツクラブで体を鍛えている」「彼女を呼び出して海に行ったことがある」などという声もあった。

 まあ、彼らにとっては業績を上げることが肝心なのであって、勤務時間をきっちり勤めることはたいした問題ではないのかもしれない。しかし、昼寝やデートとは、ちょっと大胆すぎる。

 「たしかに、意識的怠慢時間は男性のほうが女性より長い傾向にありますね」

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


おすすめの本
おすすめの本
すれ違う男女の「謎」に最新科学で挑む! 『だから、男と女はすれ違う』

【NHKスペシャル『シリーズ 女と男』を単行本化!】 最新科学によって、すれ違う男女の「謎」に迫る。女は本当に地図が読めないのか? なぜ男は「見た目」を重視するのか? なぜ「離婚のピー ク」は結婚4年目なのか? 等、男女の人間関係を中心に、共に歩んでいくための「知恵」を探っていく。1500円(税込)

話題の記事

西川敦子 [フリーライター]

1967年生まれ。上智大学外国語学部卒業。編集プロダクション勤務を経て、独立。週刊ダイヤモンド、人事関連雑誌、女性誌などで、メンタルヘルスや介護、医療、格差問題、独立・起業などをテーマに取材、執筆を続ける。西川氏の連載「『うつ』のち、晴れ」「働く男女の『取扱説明書』」「『婚迷時代』の男たち」は、ダイヤモンド・オンラインで人気連載に。


働く男女の「取扱説明書」

出産後も辞めないアラフォー女、3年で辞める腰掛け男 etc・・・、時代が変われば、働くルールも様変わり。働く男女にまつわる悲喜こもごものケースを多数紹介。男女が共存共栄していくための新たな職場のルールを提案します。

「働く男女の「取扱説明書」」

⇒バックナンバー一覧