ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
グロービスMBA講座 基礎編

【第4部:ファイナンス】
企業経営と企業財務

株式会社グロービス
【第11回】 2007年12月12日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

企業経営における財務の役割は、経営目標の実現(一般には企業価値の最大化)のために、(1)どのような投資対象にいくら投資するか、(2)どのような手段で必要な資金を調達するか、を判断し実行することである。そのためには、金融市場に関する理論であるファイナンス理論の理解が不可欠である。

企業財務と企業会計の違い

 企業財務と企業会計はしばしば混同される。

 会計とは企業の日々の事業活動を、所定の規則に従って数字の形で表現し、記録・報告することだ。そのため、会計では原則的に過去と現在を視野に入れて考える。

 これに対して、財務では経営目標の実現を目指して、事業活動と表裏一体で流れている資金(キャッシュフロー)を管理し、その活動を通じて企業価値の最大化を図ろうとする。今後の企業活動から生じるキャッシュフローをいかに効率的に増加させるかを主眼としているので、財務では当然ながら企業の将来に重点が置かれる。したがって、財務戦略は企業にとって事業戦略と同様に重要な支柱となる。

企業財務の役割

 それでは、財務が企業経営においてどのような役割を果たしているのか、少し具体的に見ていこう。

 企業の事業活動には資金が必要である。原材料の仕入代金や従業員の給与など日々生じる経費は通常、売上げから賄われる。しかし、そうした日常的な支払いとは別に、企業が長期的に存続していくためには、どのような資産を保有し、何に投資すべきかといった長期的な資金運用についても検討する必要がある。同時に、資金をどこから、どのように調達するかも決めなくてはならない。これら短期と長期の資金計画の策定・管理を行うのが財務の役割である。

 図は資金が投資家あるいは金融機関から企業へ流れ、再び投資家あるいは金融機関へ戻る様子を単純化して示したものだ。

資金の流れ

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


おすすめの本
おすすめの本
『[新版]MBAマネジメント・ブック』

ビジネスパーソンの問題解決や意思決定に貢献してきたビジネス・バイブル。MBA取得者の実務家が、最新の情報と理論を網羅しながらMBAコースのエッセンスを紹介している。 株式会社グロービス編著。2940円(税込)

話題の記事

株式会社グロービス

創造と変革をもたらすビジネスリーダーを育成するとともに、グロービス・グループの各事業を通じて蓄積した知見に基づいた、実践的な経営ノウハウの研究・開発・発信を行っている。 グロービスのウェブサイト


グロービスMBA講座 基礎編

MBAのコアコースで学ぶエッセンスを網羅した基礎編。現実のビジネスに活用可能な形で経営理論のエッセンスを分かりやすく解説する。

「グロービスMBA講座 基礎編」

⇒バックナンバー一覧