ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
グロービスMBA講座 基礎編

【第7部:ゲーム理論・交渉術】
ビジネスパーソンと交渉

株式会社グロービス
【第24回】 2008年3月19日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

交渉の巧拙は、個人や企業の将来を直接左右する重要な要素だ。優れた交渉者になるためには、交渉を構造的・科学的にとらえ、交渉の参加者双方が満足できる妥結点を探る作業が不可欠である。

交渉の巧拙が
経営に与えるインパクト

 ここからは、「ゲーム理論」に代わって、ビジネスを行ううえで重要な「交渉術」をテーマに考えていく。

 ビジネスパーソンが成功したり、企業が成長するには、周囲との複雑な関係の中で他者に働きかけ、自分や自社の立場を有利なものにしていく必要がある。このときに決め手になるのが「交渉」だ。交渉がうまくできない個人や企業は、本来獲得できたはずの利益を逃したり、周囲との関係の中で自分の立場を悪化させてしまったりする。また、個々の場面では小さな譲歩にすぎなかったとしても、それが積み重なることで全体として大きな損失につながってしまうかもしれない。たとえば、取引相手との商談で、10万円で売れる製品を9万5000円に値切られてしまうことが続けば、大企業の場合、数十億円、数百億円ものロスに達するおそれがある。

 近年、交渉の重要性はさらに増している。第1の理由は、現在の環境下では交渉の失敗により、不利な状況に追い込まれたり、挽回するのに多大な時間がかかったりするからだ。競争が激しくスピーディになった結果、交渉上の1つの失敗により、競争相手と大きな差がついてしまうおそれがある。第2の理由は、グローバル化の進展である。かつての日本人同士の交渉とは違って、外国人や外資系企業との交渉では「阿吽の呼吸」は通じない。しかも、彼らは伝統的に交渉の科学に精通し、場数も踏んでいる。交渉についてもグローバル・スタンダードで臨まなくては、世界の動きについていけなくなりつつある。

交渉に関する誤解

 交渉に関するよくある誤解の1つは、「交渉の上手い下手は天性のもの」とする見方だ。実際には、リーダーシップなどと同様、交渉は「学習可能な一連のプロセス」である。基礎的なセオリーさえ学べば、用いる交渉スタイルなどに多少の個人差があっても、最終的にはある程度の結果が残せる。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


おすすめの本
おすすめの本
『[新版]MBAマネジメント・ブック』

ビジネスパーソンの問題解決や意思決定に貢献してきたビジネス・バイブル。MBA取得者の実務家が、最新の情報と理論を網羅しながらMBAコースのエッセンスを紹介している。 株式会社グロービス編著。2940円(税込)

話題の記事

株式会社グロービス

創造と変革をもたらすビジネスリーダーを育成するとともに、グロービス・グループの各事業を通じて蓄積した知見に基づいた、実践的な経営ノウハウの研究・開発・発信を行っている。 グロービスのウェブサイト


グロービスMBA講座 基礎編

MBAのコアコースで学ぶエッセンスを網羅した基礎編。現実のビジネスに活用可能な形で経営理論のエッセンスを分かりやすく解説する。

「グロービスMBA講座 基礎編」

⇒バックナンバー一覧