ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
戦略の教室
【第12回】 2014年10月9日
著者・コラム紹介バックナンバー
鈴木博毅

古今東西3000年から厳選する、
今、日本人が読むべき「戦略書」ベスト10【後編】
第5~10位のエッセンスを一気に紹介!

1
nextpage

孫子からクリステンセンまで、3000年に及ぶ古今東西の戦略書から、今日本人が最も読んでおきたい古典的名著をベスト10で紹介する。この時代に最も有効で、使える戦略書はこの10冊だ! 前編に続き、後編は第5~10位の書籍のエッセンスを解説。

※前編の記事はこちら

劣化した目標と共に没落する企業にならないために

前回は「目標自体を正しい形に変える戦略」のトップ4までをご紹介しました。この4冊は、もっともシンプルに解説するなら「自社」と「人材」、「顧客」と「市場」の関係を、これまでの古い思い込みから脱却させることを狙っています。

 ゲイリー・ハメルの『経営の未来』はマネジメントのイノベーションについて新たな提言をしていますが、極論を言えば「期待していないことを人から引き出すことはできない」ということです。企業側が古い経営管理の概念にとらわれて、社内の人材から切り捨てている要素によって、自ら敗北に追い込まれる皮肉な姿を浮き彫りにしています。

 一方を立てるともう一方が成り立たない、というトレードオフの関係を、疑わずに盲信して失敗している例は非常に多いと言えます。自主性と管理、自由と規律なども同じです。

 企業や大学の研究室で、個人が発明をした時の権利(利益)をどうするかという議論は、長年日本でもさまざまな提言がされてきましたが、仮に100%組織側の利益にして、発明者個人から発明に関する権利をすべて取り上げたら、どうなるか。ごく一時的に企業組織に利益が出ても、やがてこの仕組みは破たんするでしょう。なぜなら、個人がその企業組織内で、新たな発明をする意欲を完全に失わせるからです。

 これは「どちらか一方しか成り立たない」と考える視野の狭いトレードオフの盲信による典型的な失敗です。ハメルの提言する戦略によるなら「個人が発明をどんどんしたいと思う魅力的な環境と条件を創り上げ、なおかつ個人と企業の利益をバランスできる」新たなルールが必要とされるのです。

 優れた戦略というものが、私たちの「思い込みの壁」を効果的に打破してくれる存在だと気付くなら、戦略の本質に一歩近づいていると言えるでしょう。

 では、次のページから、今の日本人にとって最も有効な戦略書の第5~10位をご紹介します。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
まいにち小鍋

まいにち小鍋

小田真規子 著

定価(税込):本体1,100円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
簡単で安くて、ヘルシー。ポッカポカの湯気で、すぐにホッコリ幸せ。おひとりさまから共働きのご夫婦までとっても便利な、毎日食べても全然飽きない1〜2人前の小鍋レシピ集!「定番鍋」にひと手間かけた「激うま鍋」。元気回復やダイエットに効く「薬膳鍋」や、晩酌を楽しみたい方に嬉しい「おつまみ鍋」など盛り沢山!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


鈴木博毅 

1972年生まれ。慶応義塾大学総合政策学部卒。ビジネス戦略、組織論、マーケティングコンサルタント。MPS Consulting代表。貿易商社にてカナダ・豪州の資源輸入業務に従事。その後国内コンサルティング会社に勤務し、2001年に独立。戦略書や戦争史、企業史を分析し、ビジネスに活用できる新たなイノベーションのヒントを探ることをライフワークとしている。顧問先には顧客満足度ランキングでなみいる大企業を抑えて1位を獲得した企業や、特定業界で国内シェアNo.1の企業など成功事例多数。日本的組織論の名著『失敗の本質』をわかりやすく現代ビジネスマン向けにエッセンス化した『「超」入門 失敗の本質』(ダイヤモンド社)は14万部を超えるベストセラーとなる。その他の著作に、『企業変革入門』『シャアに学ぶ逆境に克つ仕事術』(日本実業出版社)、『戦略の教室』(ダイヤモンド社)、『「空気」を変えて思いどおりに人を動かす方法』(マガジンハウス)、『実践版 孫子の兵法』(プレジデント社)、『この方法で生きのびよ』(経済界)、『君主論』(KADOKAWA)などがある。

 


戦略の教室

孫子、クラウゼヴィッツ、ランチェスター、ドラッカー、ポーター、コトラー、マッキンゼー、BCG、クリステンセン…他。人類3000年におよぶ戦略のエッセンスが2時間で一気にわかる書籍『戦略の教室』から、特に人気の高い戦略を抜粋して掲載。目標達成、マネジメント、組織づくりに役立つ、3分でわかる古今東西戦略論ガイド。

「戦略の教室」

⇒バックナンバー一覧