ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
inside

ノーベル物理学賞を受賞した
青色LED開発者の“因縁”

週刊ダイヤモンド編集部
2014年10月10日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 光の3原色である赤、緑、青が揃えば、すべての色の光を作り出せる。ところが、青色に光る発光ダイオード(LED)の実現は、長く困難を極めた。1960年代から世界中の研究者が開発に取り組むも、なかなかブレークスルーが起こらず、70年代に入ると「20世紀中には不可能」とまで言われた。

ノーベル賞受賞が決まった赤崎勇・名城大学教授、天野浩・名城大学教授、中村修二・カリフォルニア大学教授(左から)
Photo:TT News Agency/ロイター/アフロ

 10月7日、その偉業を達成した3人に、2014年のノーベル物理学賞が授与されることが決まった。赤崎勇・名城大学終身教授、天野浩・名古屋大学教授、中村修二・米カリフォルニア大学サンタバーバラ校教授の3氏である。

 ただし、3人が共同で研究を行ったわけではない。基礎研究で先行していたのは、80年代に名古屋大学に在籍していた赤崎氏と天野氏だった。中村氏は、彼らから15年遅れで研究を開始した。

 そして、それが原因で赤崎氏と中村氏は、“犬猿の仲”と言われていた。その経緯を振り返ろう。

 当時、青色発光材料としては、窒化ガリウム、セレン化亜鉛が知られており、世界の研究者はどちらを研究対象に選ぶかという二者択一を迫られていた。

 米国を中心に世界の研究者の大半が選んだのがセレン化亜鉛。窒化ガリウムに比べ、良質な結晶ができやすく、有望に見えた。日本人研究者も、長いものに巻かれるようにセレン化亜鉛に走った

 そんな中で、窒化ガリウムに固執したのが赤崎氏だった。続々と発表されるセレン化亜鉛に関する論文には目もくれず、窒化ガリウムの結晶薄膜を形成する研究に取り組んだのである。

 そして、孤独な試行錯誤の末、86年に編み出したのが、サファイアの基板の上で窒化ガリウムの薄膜の結晶を成長させるという技術だった。 

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


inside

産業界・企業を取り巻くニュースの深層を掘り下げて独自取材。『週刊ダイヤモンド』の機動力を活かした的確でホットな情報が満載。

「inside」

⇒バックナンバー一覧