ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
鈴木寛「混沌社会を生き抜くためのインテリジェンス」

ハコモノよりも“コスパの良い”地方創生は?
ヒントはサッカー界で常識の「レンタル移籍」

鈴木寛 [文部科学大臣補佐官、東京大学・慶応義塾大学教授]
【第17回】 2014年10月16日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

地方創生に深く関わる
「ソフトレガシー」

 こんにちは鈴木寛です。

 10月にも掲載されると思いますが、私の生まれ故郷である兵庫県の地元紙、神戸新聞に「東京五輪パラリンピック 関西でできること」というタイトルで短い論考を寄稿しました。私にオファーがあった理由として東京オリンピック・パラリンピックが、関西の人々にはどうしても「他人事」になってしまう、兵庫県を含む関西に大会の効果をどのようにもたらすかといった問題意識があったようです。

 私としてはオリンピック効果というものは、経済効果、つまり新興国の大会にありがちなインフラ建設などの即物的な「ハードレガシー」を残すだけではない、スポーツが人や地域に活力を与えるヒューマンパワー、言い換えるなら「ソフトレガシー」の意義をもっと評価すべきだと考えています。たとえば関西を拠点に活動する著名なアスリートが、NPO活動で地域住民の体育力向上やスポーツ文化の普及に貢献しています。

 論考では、関西地域のスポーツ界が持つソフトレガシーの可能性について述べましたが、実は今回のテーマである「地方活性化」、安倍政権が標語として掲げるところの「地方創生」の問題にも深くかかわるところです。

 地方創生の視点から論考を補足しますと、たとえば2020年のオリンピックの前年には、アジア初開催となるラグビーのワールドカップが日本で行われます。東京の新国立競技場がメインスタジアムとして、オリンピックの「こけら落とし」も兼ねて使われる計画ではありますが、日本国内では札幌や福岡のような都会だけではなく、新潟や長崎等の地方も会場候補地に手を挙げています。もちろん関西でも大阪・長居、神戸・御崎公園が主な候補地に入っているだけでなく、京都でも2ヵ所、そして高校ラグビーの聖地、東大阪の花園も開催候補に意欲を示しています。

 おそらく関西では最低でも2会場、もしかしたら3〜4会場も考えられ、東京以上に盛り上がる可能性があります。やはり全国高校ラグビー選手権や神戸製鋼の活躍等で培ってきた伝統、まさにソフトレガシーの力によるものです。

 関西でラグビーW杯で多数の会場運営を任されれば、もともと持っているレガシーはさらに磨きがかかることでしょう。アジアで初のW杯という貴重なホスピタリティ経験が市民に自信と誇りをもたらし、あるいはラグビーを目玉にスポーツで市民の健康、子どもたちの健全育成につながるソーシャルキャピタルになる可能性が強く期待できます。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

鈴木 寛 [文部科学大臣補佐官、東京大学・慶応義塾大学教授]

すずき・かん/元文部科学副大臣、参議院議員。1964年生まれ。東京大学法学部卒業後、86年通産省入省。2001年参議院議員初当選(東京都)。民主党政権では文部科学副大臣を2期務めるなど、教育、医療、スポーツ・文化を中心に活動。党憲法調査会事務局長、参議院憲法審査会幹事などを歴任。13年7月の参院選で落選。同年11月、民主党離党。14年から国立・私立大の正規教員を兼任するクロス・アポイントメント第1号として東京大学、慶応義塾大学の教授に就任。同年、日本サッカー協会理事。15年2月から文部科学大臣補佐官として大学入試改革などを担当している。


鈴木寛「混沌社会を生き抜くためのインテリジェンス」

インテリジェンスとは「国家安全保障にとって重要な、ある種のインフォメーションから、要求、収集、分析というプロセスを経て生産され、政策決定者に提供されるプロダクト」と定義されています。いまの日本社会を漫然と過ごしていると、マスメディアから流される情報の濁流に流されていってしまいます。本連載では既存のマスメディアが流す論点とは違う、鈴木寛氏独自の視点で考察された情報をお届けします。

「鈴木寛「混沌社会を生き抜くためのインテリジェンス」」

⇒バックナンバー一覧