ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
「頭がいい」とは、どういうことか?――脳の取り扱い説明書、マインドマップ40周年によせて
【第2回】 2014年10月21日
著者・コラム紹介バックナンバー
近田美季子 [株式会社ティズム代表取締役兼コンサルタント]

脳は使い方しだい
「脳の取説」が完成するまで

1
nextpage

小学校時代の体験から、「脳の取説」を求め続けたトニー・ブザンは、いかにしてマインドマップを考案するに至ったのか? ThinkBuzanマスター・トレーナー兼シニア・ライセンス・インストラクターとして、ブザンから直接聞き知ったエピソードを近田美季子氏が語る。

Nature or Nurture? (生まれつき、それとも育むもの?)

 「頭の悪い人なんていない、頭の使い方が悪いだけだ」と子どもの頃に確信したトニー・ブザンは、「頭をうまく使う方法」を探って科学者のように実験を繰り返した。

 念願の「脳の取説」は、学生として自分が学び体験したことや家庭教師として経験したことを土台に、約25年間かけてようやく完成した。

 その後も、トニー・ブザンは脳についての最新情報をフォローして常に進化しているが、彼が当初から提唱してきたことの適切さが脳研究の進歩によって証明されることも少なくない。

 小学生の頃は、「頭がいいってどういうことで、誰が決めるの?」と、事あるごとに先生に質問して困らせたトニー・ブザンは中学時代に再び大きな疑問を抱く。そのきっかけとなったのは読書速度の測定だった。

 彼が14歳のとき、それが試験だと生徒には明かされずに一連の知能テストが実施され、その中に読書速度の測定が含まれていた。数週間後に1分当たり213語という結果を手渡された彼は、「かなり速い」と思って最初は上機嫌だったが、先生の説明を聞いて失望した。クラスの平均が1分当たり200語で、最高記録は同314語であることを知ったからだ。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
  • ダイヤモンド・オンライン 関連記事
    借りたら返すな!

    借りたら返すな!

    大久保 圭太 著

    定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2017年7月

    <内容紹介>
    会社がつぶれないためには、会社に「お金」があればいい。つぶれない会社に変わるための「銀行からの調達力を上げる7つのステップ」や「儲ける会社がやっている6つのこと」、「つぶれそうな会社でも、なんとかる方法」などを紹介。晴れの日に傘を借りまくり、雨になったら返さなければいい、最強の財務戦略を指南する。

    本を購入する
    ダイヤモンド社の電子書籍

    (POSデータ調べ、8/6~8/12)



    近田美季子(ちかだ・みきこ) [株式会社ティズム代表取締役兼コンサルタント]

    株式会社ティズム代表取締役兼コンサルタント。ThinkBuzanマスター・トレーナーとして各種講座(マインドマップ、読書術、記憶術など)に登壇するほか、インストラクターの養成にも携わる。『新版 ザ・マインドマップ』『ザ・マインドマップ[ビジネス編]』(ダイヤモンド社)、『マインドマップ超入門』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)はじめ多数のトニー・ブザン公認書籍の翻訳・監修も手掛けている。コーネル大学大学院経営学修士(MBA)。 
    URL http://www.chikadamikiko.com


    「頭がいい」とは、どういうことか?――脳の取り扱い説明書、マインドマップ40周年によせて

    英国の教育家、トニー・ブザンによって考案され、世界中のビジネスパーソンや学生、子どもたちの脳力アップに活用されているマインドマップ(R)。発表されてから40周年を迎えるのを記念して、ThinkBuzanマスタートレーナーとして活躍する近田美季子氏が、ブザンの提唱する「メンタル・リテラシー」について語る。

    「「頭がいい」とは、どういうことか?――脳の取り扱い説明書、マインドマップ40周年によせて」

    ⇒バックナンバー一覧