ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
対談 漂白される社会
【第22回】 2014年10月24日
著者・コラム紹介バックナンバー
開沼 博 [社会学者],鈴木涼美 [社会学者]

AV女優も「いいね!」集めも根っこは同じ
失われゆく価値といかに向きあうべきなのか
【社会学者・鈴木涼美×社会学者・開沼博】

1
nextpage

売春島や歌舞伎町のように「見て見ぬふり」をされる現実に踏み込む、社会学者の開沼博。そして、『「AV女優」の社会学』の著者として話題を呼ぶ社会学者の鈴木涼美。『漂白される社会』の出版を記念して、ニュースからはこぼれ落ちる、「漂白」される社会の現状をひも解くシリーズ対談。
「女子高生」という“値札”を失ってから、その寂しさをいかに埋めればよいのか。Facebookの「いいね!」集めやパワースポット通い、ホストに入れこむのと同様に、AV女優という仕事がその一つになっていると鈴木は語る。

めくるめくものを失うことへの恐怖

開沼 鈴木さんの周辺にいた、かつての女子高生たち、AV女優たちや、あるいはご自身が感じている満たされない気持ちは、どこに向かうのでしょうか。たとえば、流行の「マイルド・ヤンキー」は、結婚して子どもをたくさんつくり、車を買ってショッピング・モールに行くことでそれを満たしているわけですよね。

鈴木涼美(すずき・すずみ)
1983年、東京都生まれ。慶應義塾大学環境情報学部卒。2009年、東京大学大学院学際情報学府修士課程修了。専攻は社会学。著書に『「AV女優」の社会学』(青土社)がある。

鈴木 マイルド・ヤンキーの生き方を否定するわけではないですが、それだけでは失う物があるような気がするのも確かです。まだ分析のレベルまでは持っていけそうにない話ですが、あのとき感じていた高揚にも似た気持ちが、結婚した途端に終わってしまうような気がするんですよ。

開沼 それは恐怖ですか。

鈴木 そうですね、怖いです。めくるめくものが目の前にない感覚が、とても怖い感じがします。

開沼 なんとなくわかる部分もあります。おっしゃるような「高揚の気持ち」とは、周囲から憧れの眼差しや、相手が持たない価値を手に入れたいという欲望を向けられ続けることであるでしょう。たとえば、小保方さんはなんとなく楽しそうに見える側面もありますよね。

鈴木 彼女が楽しそうに見えるの、私もわかります。彼女は同世代ですね。

開沼 彼女には、あの世界でおじさんたちを転がして、コミュニケーション力一本でのし上がっていく力があった。再現不可能ではありますが、鈴木さんが感じる恐怖に対する一つの処方箋であったようにも思います。周りを見ていて、こんな処方箋もあるんじゃないかというアイデアはありますか。

鈴木 女子高生の時とまったく一緒ではないけども、自分の価値が比較的わかりやすく、パフォーマティブに出せる職業を選んでいる人はいます。たとえば、ブロガーです。それから現役の水商売の子もいるし、AV女優になっている子もいます。ただもちろん多くは記名性のない、会社員やアルバイト、主婦になっています。私も大学院を出た後、新卒で会社員になりました。なんとなく満たされていないという感じを、彼女たちの言動のはしばしに見たりはしますし、私自身も感じています。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
まいにち小鍋

まいにち小鍋

小田真規子 著

定価(税込):本体1,100円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
簡単で安くて、ヘルシー。ポッカポカの湯気で、すぐにホッコリ幸せ。おひとりさまから共働きのご夫婦までとっても便利な、毎日食べても全然飽きない1〜2人前の小鍋レシピ集!「定番鍋」にひと手間かけた「激うま鍋」。元気回復やダイエットに効く「薬膳鍋」や、晩酌を楽しみたい方に嬉しい「おつまみ鍋」など盛り沢山!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


開沼 博(かいぬま・ひろし) [社会学者]

1984年、福島県いわき市生まれ。東京大学文学部卒。同大学院学際情報学府修士課程修了。現在、同博士課程在籍。福島大学うつくしまふくしま未来支援センター特任研究員。専攻は社会学。学術誌のほか、「文藝春秋」「AERA」などの媒体にルポ・評論・書評などを執筆。
著書に『漂白される社会』(ダイヤモンド社)、『はじめての福島学』(イースト・プレス)、『「フクシマ」論 原子力ムラはなぜ生まれたのか』(青土社)、『地方の論理 フクシマから考える日本の未来』(同、佐藤栄佐久との共著)、『フクシマの正義 「日本の変わらなさ」との闘い』(幻冬舎)『「原発避難」論 避難の実像からセカンドタウン、故郷再生まで』(明石書店、編著)など。
第65回毎日出版文化賞人文・社会部門、第32回エネルギーフォーラム賞特別賞。

 

鈴木涼美(すずき・すずみ)  [社会学者]

1983年、東京都生まれ。慶應義塾大学環境情報学部卒。2009年、東京大学大学院学際情報学府修士課程修了。専攻は社会学。著書に『「AV女優」の社会学』(青土社)がある。


対談 漂白される社会

売春島、偽装結婚、ホームレスギャル、シェアハウスと貧困ビジネス…好奇の眼差しばかりが向けられる、あるいは、存在そのものが「見て見ぬふり」をされる対象に迫り続ける社会学者・開沼博。『漂白される社会』の刊行を記念して、人々を魅了しつつも、社会から「あってはならぬもの」とされた対象やそれを追い続ける人物と語り合うことで、メディアでは決して描かることのない闇の中に隠された真実を炙り出す。

「対談 漂白される社会」

⇒バックナンバー一覧