ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
父と娘の就活日誌

石の上にも3年――まずは3年間懸命に働いてみる

楠木 新
【第3回】 2007年11月6日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

「裕美と小学生の同級生だった亜紀ちゃんは、看護学校を出て来年から看護師になるらしいわよ」

「彼女のお姉ちゃんは薬剤師になって調剤薬局で働いているよ」

「裕美は会社員以外の道は考えていない訳だ」

「大学院に行くとか、バイトでつないで1年留年する予定の人もいるけど、私は、一般企業で働いてみたいと思ってる。何かずば抜けた能力もないし、とにかく自分で稼ぎたい気持ちが強いのよ」

「お父さんは、『いい会社』を選ぶのは無理だとか、好きな仕事を見つけるのに焦ることはない、と言うけれど、それじゃ、どう考えればいいの?」

「そうだなぁ。縁のあった会社で、まず3年間懸命に働いてみることかな」

 10年以上前の支店次長職の時、4月1日の最初の仕事は毎年決まっていた。本店で入社式を終えた新入職員を支店まで引率して帰るのだ。途中でホテルの喫茶店で軽い顔合わせをする。ある年の女性5人の中に、短大を卒業したKさんがいた。少しおどおどした様子で、うつむいて話し、正直言って“ちゃんと勤まるかな”と心配になった。彼女は、支店からかなり離れた営業所に配属が決まっていた。

 それから3年。私がその営業所に出向くと、窓口で男性客が「納得できない」と声を上げて怒りだした。応対に出たKさんは、相手の感情を受け止めながら、きちんと事務の説明をして、最後は笑顔で男性客の納得を得た。周りは当たり前の様子だったが、私だけが彼女の成長ぶりに感激していた。

 この「3年間」に私は非常に興味を持っている。比較的大きな組織のビジネスマンから転身した方々の話を聞くと「3年で一つのメドがついた」と話す人が圧倒的に多い。1~2年や5年という話は出ない。また比較的転勤の多い金融業界でもひとつの職場にいるメドを3年としている会社は多い。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

楠木 新

金融機関に勤務するかたわら、「働く意味」をテーマに執筆、講演などに取り組む。12万部を超えるベストセラーになった『人事部は見ている。』(日経プレミアシリーズ)、『就職に勝つ!わが子を失敗させない「会社選び」』(ダイヤモンド社)など著書多数。近著に『人事のプロが教える 働かないオジサンになる人、ならない人』(東洋経済新報社)がある。


父と娘の就活日誌

働く価値観が多様化する中、超売り手市場の環境下で、大学生はどのように企業選択をしていくのか。就職活動に臨む大学3年生の娘と父とのリアルな対話を通して、実状に迫る。

「父と娘の就活日誌」

⇒バックナンバー一覧