ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
inside

インフラ分野で巻き起こる
電気自動車社会をめぐる大バトル

週刊ダイヤモンド編集部
2010年1月28日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 太陽光で発電した電力が給電された電気自動車(EV)をコンビニエンスストアからカーシェアリングサービスで借りる。電池容量が足りなくなったらコンビニやガソリンスタンド(GS)に立ち寄り、急速充電器で充電する。つくば市民は3月からこんなニューライフが試せるようになる。

 国内エコカー市場ではトヨタ自動車の「プリウス」に代表されるエンジンとモーターを併用したハイブリッド(HV)車が現在の主流だが、モーターのみで走るEVも次世代車の本命である。EVでは昨年9月に三菱自動車が「アイ・ミーブ」、富士重工業が「スバル プラグイン ステラ」を発売し、今秋には日産自動車も「リーフ」を発売する。

 ただEVは電池に蓄えた電気に動力源を全て頼るため、一回の充電で走行できる距離が限られる。このため電池の性能向上、充電インフラの整備が普及のカギを握るのだが、それは自動車メーカーの事業領域を超えた世界。ここに今、商機を見出した企業がこぞって参入し、大バトルが始まっている。

 つくば市でのプロジェクトを立ち上げた伊藤忠商事も例外ではない。EVおよび充電インフラの普及では国や自治体から補助金を得たプロジェクトは全国で複数実施されているが、民間マネーのみの大規模実証実験は初。その“心”は「スピードが最優先」(玉置曜・環境・新エネルギーグループ担当課長)だからだ。伊藤忠グループが自ら約2億円を投じる分、プロジェクトに複数盛り込んだビジネスのタネを早期に見極め、競合に先んじて本格事業化に踏み出そうというのだ。

 ではどのようなタネが植えられたのか。そして他のプレーヤーのあいだでどんな競争が展開されているのか。

1
nextpage

今週の週刊ダイヤモンド

2017年1月28日号 定価710円(税込)

特集 劇変世界を解く 新地政学

世界史の大転換が始まる

【特集2】
銀行界も戦々恐々
コンビニATM戦争

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購読いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


inside

産業界・企業を取り巻くニュースの深層を掘り下げて独自取材。『週刊ダイヤモンド』の機動力を活かした的確でホットな情報が満載。

「inside」

⇒バックナンバー一覧