ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
数字で会社を読む

【NTTデータ】
M&Aで上がったグローバルの“土俵”
問われる国内依存脱却のスピード

週刊ダイヤモンド編集部
【第152回】 2014年10月31日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

国内の公共インフラや大手金融機関などの巨大システムを構築してきたシステムインテグレーションの大手が、縮小する国内市場からの脱却に挑んでいる。その本気度やいかに。

 「数年前ならNTTデータに声は掛からなかったと思う。それを獲得できた。これは記念すべきディールだ!」

 9月17日、米国ダラス(テキサス州)のホテルで、NTTデータの海外事業を担っている経営幹部を集めた「グローバルカンファレンス2014」が開かれた。北米、欧州、アジアから集まった総勢約250人の前で、山田英司副社長が直近1年間における最大の成果を語る。その声はホールの外にも聞こえるほどだった。

 そこで紹介されたのが、メルセデス・ベンツなど高級車を製造する独ダイムラーのITシステムの受注だ。クルマに必要な部品材料の仕入れから製造、組み立て、輸送まで、世界一貫のデリバリーシステムの新プロジェクトの一翼を、同社が担うことになる。

 同案件の契約額は10億円前後とみられ、今後は三桁億円を超えると期待されるが、注目点は受注金額だけではない。同システムは、米IBMが独占的に手掛けてきたものだった。世界的なIT企業の“領地”を、海外でははるかに認知度の低い同社が、部分的にでもひっくり返した非常にエポックな出来事だったわけだ。

 同社の2014年3月期の売上高は1兆3437億円で、そのうち、海外事業の売上高は2987億円で約22.2%を占めている。今期はさらに伸びて4060億円、約27.6%と全社の4分の1を超える水準になりそうだ。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


数字で会社を読む

週刊ダイヤモンドで好評連載中の「数字で会社を読む」。各業界・企業を担当する第一線の記者が、ポイントを絞った財務分析で企業・産業に切り込みます。

「数字で会社を読む」

⇒バックナンバー一覧