ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
inside Enterprise

タカタのリコール問題が混迷
米当局が台数を拡大したナゾ

週刊ダイヤモンド編集部
2014年11月4日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 エアバッグなどの自動車用安全装置メーカー、タカタのリコール問題が混迷を極めている。

 事の発端は米国時間の10月22日、米運輸省・道路交通安全局(NHTSA)がタカタ製エアバッグの不具合に関して、あらためて公表したリコール対象の台数だった。

 NHTSAによれば、ホンダなどの日系メーカーや欧米メーカー計10社の回収対象の台数は、米国で約780万台。わずか2日前にNHTSA自身が公表した約474万台から突如、実に1.6倍もの規模に引き上げられたのだ。

 慌てたのはタカタだ。というのも同社は、2014年度第1四半期決算で、リコール費用として特別損失約450億円を計上していた。その根拠は、リコール台数を「最大600万台(14年度分)と見込んで計算したもの」(関係者)で、これが膨らむ可能性が否定できなくなってきたからだ。

 さらに自動車メーカー側でも、自社で把握している台数とNHTSAの数値にズレが生じており(表参照)、困惑が広がっている。

次のページ>> 背景に米国中間選挙か
1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


inside Enterprise

日々刻々、変化を続ける企業の経営環境。変化の中で各企業が模索する経営戦略とは何か?『週刊ダイヤモンド』編集部が徹底取材します。

「inside Enterprise」

⇒バックナンバー一覧