ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
エディターズ・チョイス
2014年11月7日
著者・コラム紹介バックナンバー
常見陽平 [評論家・コラムニスト]

『ONE PIECE』よりはるか以前に
世界に旅立った男の手に汗にぎるリアル冒険記
書評『お客さんの笑顔が、僕のすべて!』

1
nextpage

また、グローバルか。他に言うことはないのか。そんな「グローバル」の大合唱の中、40年以上前にとっくに世界に旅立っていた男の痛快な物語――『お客さんの笑顔が、僕のすべて!――世界でもっとも有名な日本人オーナーシェフ、NOBUの情熱と哲学』を、評論家・コラムニストの常見陽平氏が書評する。

「グローバル」の大合唱の中でとっくに世界に旅立っていた男の物語

 また、グローバルか。他に言うことはないのか。そもそも、それってどういうことなんだ。そんなことを言いたくなる今日このごろだ。

 時代は「グローバル」の大合唱だ。企業はグローバル展開を推進しているし、大学にとってはグローバル人材育成が生き残りの鍵だとされている。

 しかし、ふと考えることがある。その世界進出、グローバル展開に何の意味があるのか。世界を目指すのか、目指さざるを得ないのか。一庶民として大変に気になっていることである。

 グローバル化なるものにも段階があると思う。最近の状況に関して言うならば、グローバル化は「目指す」ものではなく「せざるを得ない」状況だと解釈している。国内市場が飽和している、国外の市場が拡大している、グローバル企業が台頭している、国境を超えて生産や流通を行う状態になっている、国境を超えた業界の再編成が進む……。

 海外展開をスピードアップするために、有効な手段と言えば、M&Aである。思えば、円高だった2000年代後半から2010年代前半にはたくさんのM&Aが行われた。これは円安となった今でも続いている。M&Aという手段が有効であることは否定しないが、この決断は、ややもすると魂のない、ビジネスライクな議論になりがちだ。シェアをとるために「買わざる得ない」、他社に買収されるリスクを考えると「買わざるを得ない」、などの議論である。いつの間にか、夢も希望もないグローバル展開が進んでいく。いや、ビジネスとはそういうものなのだが。

 愉快、痛快な世界進出なるものはあるのだろうか、と。私は世界を目指さざるを得ない人よりも、世界を目指す人が好きだ。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
  • ダイヤモンド・オンライン 関連記事
    お金のウソ

    お金のウソ

    中野晴啓 著

    定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2017年7月

    <内容紹介>
    誰も教えてくれなかった「お金の真実」!親の言うことを聞いているとお金が減る。 20代、30代がこれから生き抜くための本当に必要で最低限の知識。 成長なき「成熟経済」の時代に、お金を着実にふやして、守り、安心を手に入れるには、 預金、保険、銀行、投資…お金をふやすには、どうつきあうのが正解?

    本を購入する
    ダイヤモンド社の電子書籍

    (POSデータ調べ、8/6~8/12)



    常見陽平(つねみ・ようへい) [評論家・コラムニスト]

    1974年生まれ 北海道札幌市出身 一橋大学商学部卒業。一橋大学大学院社会学研究科修士課程修了(社会学修士)。 株式会社リクルート、大手玩具メーカー、ベンチャー企業を経て独立。雇用・労働、キャリア、若者論などをテーマに執筆・講演活動に没頭中。著書に『リクルートという幻想』(中央公論新社)『僕たちはガンダムのジムである』(ヴィレッジブックス)など。


    エディターズ・チョイス

    ダイヤモンド社書籍オンライン編集部によるインタビューまたは厳選した特別寄稿。経済、産業、経営、社会問題など幅広いテーマを斬新な視点で紹介する。

    「エディターズ・チョイス」

    ⇒バックナンバー一覧