ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
“世界のノブ”はいかにしてつくられたか?
【第4回】 2014年10月17日
著者・コラム紹介バックナンバー
松久信幸

大吟醸をお燗してもいいじゃない! 美味しく飲めるなら
NOBUとともに日本酒を世界に広める北雪酒造社長・羽豆史郎氏インタビュー

1
nextpage

世界中で愛されるレストラン、NOBUで愛飲される日本酒「北雪」。創業142年の老舗でありながら常に革新的な酒造りに挑戦している。北雪酒造五代目の羽豆史郎氏に、NOBUとの出会いと、世界に日本酒を広める心意気をうかがった。(インタビュー ダイヤモンド社書籍オンライン編集部)

矢沢永吉がファンからプレゼントされた「北雪」が、
ロサンゼルスのノブ・マツヒサと出会った

――NOBUそして松久信幸さんご本人との出会いは?

これは『NOBU: ザ・クックブック』などに書かれている有名な話ですが、ミュージシャンの矢沢永吉さんがファンの方から「北雪」を一升瓶で2本もらって、1本飲んだらおいしかったのでもう1本をロサンゼルスのノブさんのご自宅まで持って行って一緒に飲んだのだそうです。ノブさんがご自分の最初の店、マツヒサをオープンした翌年、1988年のお正月だったそうです。ノブさんが「これは美味しい、気に入った!」っていうんで輸入することになったのが始まりです。マツヒサに日本から魚を輸入していた貿易会社からお話が来ました。そのころまだ僕はノブさんのことは存じ上げていませんでした。

――当時、「北雪」を海外で売るのは初めてだったのですか?

羽豆 史郎(はず ふみお)
株式会社北雪酒造 代表取締役社長

1958年、北雪酒造(1872年創業)の5代目として新潟県の佐渡島に生まれる。1981年大学卒業と同時に北雪酒造へ正式に入社。蔵内地下貯蔵庫での音楽や超音波を利用した新しい熟成方法の導入や、小型のガラスタンクごとに注文を受けるオーダーメイド酒の発案、遠心分離機の導入など、伝統を大切にしながらも常にユニークで革新的な酒造りに挑戦している。2005年、代表取締役に就任。

いえ、アメリカからのオファーは初めてでしたが、ドイツとかイタリア、オーストラリアにほんの少しですが貿易会社を通して輸出していました。アメリカの日本料理店からも声をかけていただけたのなら出そうか、と。当時アメリカで販売されていた日本酒は、ほとんどが大手酒造メーカーさんの現地工場で製造されたものだったのです。

ただその時、ノブさんは貿易会社に「北雪酒造の酒は日本以外では僕の店でだけ飲めるようにしてほしい」と依頼して了承を得ていたそうです。僕らはそれを知らされていなくて、貿易会社から注文が来るままに出していたら、事件が起きます。ノブさんがある時、シカゴにチャリティ・ディナーのために出かけたところ、「なかなか手に入らない酒があるから飲もう」と言われ、出てきたのが北雪だったというのです。同じようなことがハワイでもあって、ノブさんは貿易会社に「よそには入れないって約束したじゃない」とクレームをつけた。

そこで困った貿易会社は「では、蔵元を呼びます」と、当時常務だった僕がロサンゼルスのマツヒサにお邪魔することになったんです。ちょうどニューヨークにNOBUがオープンした年、1994年のことでした。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
まいにち小鍋

まいにち小鍋

小田真規子 著

定価(税込):本体1,100円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
簡単で安くて、ヘルシー。ポッカポカの湯気で、すぐにホッコリ幸せ。おひとりさまから共働きのご夫婦までとっても便利な、毎日食べても全然飽きない1〜2人前の小鍋レシピ集!「定番鍋」にひと手間かけた「激うま鍋」。元気回復やダイエットに効く「薬膳鍋」や、晩酌を楽しみたい方に嬉しい「おつまみ鍋」など盛り沢山!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


松久信幸(まつひさ・のぶゆき) 

「NOBU」と「Matsuhisa」レストランのオーナーシェフ。1949年、埼玉県で材木商の三男として生まれ、 7 歳の時に父を交通事故で亡くす。14 歳の時に兄にはじめて連れていってもらった寿司屋でその雰囲気とエネルギーに魅了され、寿司職人になると心に決める。東京の寿司屋での修業後、海外に出てペルー、アルゼンチン、アメリカでの経験を基に、和をベースに南米や欧米のエッセンスを取り入れた NOBUスタイルの料理を確立した。 1987年、アメリカ・ロサンゼルスにMatsuhisaを開店。ハリウッドの著名人たちを魅了し大人気となる。1994年、俳優ロバート・デ・ニーロの誘いに応えNOBU New Yorkを開店。さらに、グローバルに展開し次々と店を成功に導く。2013年4月、ラスベガスにNOBU Hotelをオープン。2014年現在、5大陸に30数店舗を構え、和食を世界の人々に味わってもらおうと各国を飛び回っている。 主な著書に、『Nobu the Cookbook』『nobu miami THE PARTY COOKBOOK』(以上、講談社インターナショナル)、『nobu』(柴田書店)、『NOBUのすし』(世界文化社)などがある。


“世界のノブ”はいかにしてつくられたか?

約40年前、包丁1本で海を渡った料理人が、今や世界五大陸に三十数店のレストランとホテルを展開、レストランだけで年間のべ200万人以上が来店、2013年クリスマスのグーグル検索数がレストラン部門のトップという世界でもっとも有名なオーナーシェフになった。“世界のノブ”と言われる松久信幸は、日本人としての感性を貫きながら、いかにしてグローバルに成功を収めたのか? 対談やインタビューで浮き彫りにしていく。 

「“世界のノブ”はいかにしてつくられたか?」

⇒バックナンバー一覧