ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
Close-Up Enterprise

シャープの液晶再建に隠れた
電子部品のずさんな事業管理

週刊ダイヤモンド編集部
2014年11月10日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

スマートフォン向けの中小型液晶へのシフトで、経営再建が軌道に乗りつつあるシャープ。ただその裏で、改革の波に取り残されたある事業部によって、とんでもない事件が巻き起こっていた。

 「下期の経営計画は、一事業部のわずかな綻びが全社に影響しかねない、『薄氷』とも言える状況です」

 10月1日。シャープの高橋興三社長は、今年度下期の経営方針説明に当たって、全社に配布した文書の中で、経営の先行きに対する強烈な危機感をあらわにしていた。

 「もし少しでも、『我々は危機を乗り越えた』と思っている方がいれば、直ちに考えを改めて下さい」

 そうつづってまで、高橋社長が社内の引き締めを図ろうとしたのはなぜか。時計の針を9月末に戻してみると、その理由がはっきりと分かる。

 実はそのとき、高橋社長が一事業部のほころびと指摘した、ある「事件」が起こっていた。

ここにきて組織間の意思疎通や意思決定プロセスに対する問題が噴出したシャープ。経営のトップとして高橋社長が抱える苦悩は深い
Photo:AFP=時事
1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


Close-Up Enterprise

日々刻々、変化を続ける企業の経営環境。変化の中で各企業が模索する経営戦略とは何か?『週刊ダイヤモンド』編集部が徹底取材します。

「Close-Up Enterprise」

⇒バックナンバー一覧