ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

マイクロソフトがジャストシステムに
ソフトの販売差し止めを求めた背景

相澤英孝 [一橋大学 国際企業戦略研究科教授]
【第71回】 2014年11月18日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

パソコンの画面表示やウィンドウ、メニューなどの操作感を指すUI(ユーザーインターフェース)。米国ではすでに、意匠特許権として保護されている。一方、日本では意匠権としての登録が認められていないため、UIが十分保護されているとは言いがたい。

 今年7月、マイクロソフト社がジャストシステム社に、法人用オフィスソフト「JUST Office」の販売差し止めを求める通知書を送付したことが話題となった。このUIが、「Microsoft Office」のExcel、Word、そしてPowerPointのUIを模倣しているというのが、マイクロソフトの主張である。

日本では法制度の不備により、ユーザーインターフェースが十分に保護されているとは言いがたい

 現代のビジネスは、グローバルなネットワークに接続されたパソコンや携帯端末を抜きに考えることはできない。コンピュータ・ネットワークが現代社会の繁栄を築き上げたといっても過言ではない。

 ネットワークに接続されたパソコンがこのように普及した大きな理由の1つとして、専門家によって利用される情報端末から、誰でも利用できる情報端末へと発展したことがある。

 そして、誰にでも利用できる情報端末となるために寄与したのは、操作性の向上だった。その大きなカギとなったのが、画面の表示やそれぞれの表示の機能などのUIである。

 UIの向上によって、誰でもが専門的な教育を受けることなく、パソコンを利用できるようになった。これからも、UIの進歩はコンピュータ・ネットワークの発展にとって重要な要素となる。したがって、コンピュータ・ネットワークの先端企業における技術開発にとっては、UIの知的財産法による保護は重大な関心事となっている。

次のページ>> 日本の意匠法の問題点
1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
IT&ビジネス
関連記事
クチコミ・コメント
facebookもチェック

相澤英孝[一橋大学 国際企業戦略研究科教授]

あいざわ ひでたか/関税外為等審議会委員、厚生科学審議会委員、工業所有権審議会臨時委員、産業構造審議会臨時委員、知的財産戦略本部検証評価企画委員会委員などを務める。東京大学経済学部卒、筑波大学専任講師、助教授、早稲田大学助教授、教授を経て、現職。この間、東京大学客員教授、同大学特任教授、ハーバードロースクール客員教授などを歴任する。編著書には、『知的財産法概説 第5版』(西村あさひ法律事務所と共編 平成25年 弘文堂)、『電子マネーと特許法増補版』(平成12年 弘文堂)などがある。


IT&ビジネス 業界ウォッチ

IT業界で話題の新サービス・新製品のニュース、これから話題になりそうな新ツール、知っておきたい各種の統計調査……などなど、経営効率化に寄与するIT業界の今のうごきをレポートします。

「IT&ビジネス 業界ウォッチ」

⇒バックナンバー一覧