ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
エディターズ・チョイス
2014年11月27日
著者・コラム紹介バックナンバー
和田裕美 [営業コンサルタント]

愛されて10周年! 和田裕美の営業手帳
吉祥寺パルコブックセンター「トークショー&サイン会」レポート

1
nextpage

著者の名前を冠した手帳がまだほとんどなかった頃、発売を開始した和田裕美さんの手帳。2015年版で10周年となった。2014年11月15日、東京・吉祥寺のパルコブックセンターで開催されたトークショーから、和田さんが伝えたい、手帳の活用法をレポートする。

営業のリーダーとして実績を上げていたときの手帳をベースに

 みなさんにご愛用いただいて、おかげさまで『和田裕美の営業手帳』10周年となりました。ありがとうございます。

 この手帳は、私が外資系教育会社で営業をやっていたときに使っていたものを基にしています。その手帳は、ある程度実績を上げて「キャプテン」というリーダー的なポジションに昇進すると支給される手帳だったので、手帳を持てることが誇らしかったのを覚えています。サイズはひと回り大きかったのですが、形は縦長で今の和田手帳とほとんど同じです。

一人ひとりと話しながらサインをする和田裕美さん。

 このサイズ、A4変形判という変形サイズだそうです。だから、真似しない限り、全く同じサイズの手帳は他にないんじゃないかと思うのですが、ちょうどいいサイズではないかと……。システム手帳みたいに分厚すぎないのでカバンの中で邪魔にならず、ポケットサイズの手帳より書き込み欄がずっと多いのでメモ用ノートを別に持たなくても済むだろう、ということで決めたサイズです。

 営業として数字の目標達成のために意識づけていたのが、「1年間を52週としてとらえる」ことです。それで、巻頭の月ごとの計画表にも、中の週ごとのスケジュールページにも、1月最初の1週から年末の52週まで、今週が何週かがわかるように数字が入っています。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
自分の時間を取り戻そう

自分の時間を取り戻そう

ちきりん 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
生産性は、論理的思考と同じように、単なるスキルに止まらず価値観や判断軸ともなる重要なもの。しかし日本のホワイトカラー業務では無視され続け、それが意味のない長時間労働と日本経済低迷の一因となっています。そうした状況を打開するため、超人気ブロガーが生産性の重要性と上げ方を多数の事例とともに解説します。

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


和田裕美(わだ・ひろみ) [営業コンサルタント]

外資系教育会社でのフルコミッション営業時代、プレゼンしたお客様の98%から契約をもらうという「ファン作り」営業スタイルを構築し、オリジナルの営業手法によって日本でトップ、世界142カ国中2位の成績を収めた女性営業のカリスマにして先駆者。 短期間に昇進を重ね、女性初、最年少で2万人に1人しかたどりつけないと言われる支社長となる。その後、企画室長、マーケティング部長、最後には最年少の営業部長となり、全国20支店、100名を統括する立場となる。当該企業の日本撤退に伴い独立。執筆活動の他、営業・コミュニケーション・モチベーションアップのための講演、セミナーを国内外で展開している。 著書は女性ビジネス本の先駆けとなった『世界No.2セールスウーマンの「売れる営業」に変わる本』はじめ、『幸せをつかむ! 時間の使い方』『人づきあいのレッスン』『「やる気」が出るコツ、続くコツ』(以上、ダイヤモンド社)、『和田裕美の人に好かれる話し方』(大和書房)、『失敗してよかった!』(ポプラ社)など多数。


エディターズ・チョイス

ダイヤモンド社書籍オンライン編集部によるインタビューまたは厳選した特別寄稿。経済、産業、経営、社会問題など幅広いテーマを斬新な視点で紹介する。

「エディターズ・チョイス」

⇒バックナンバー一覧