ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
和田裕美の時間と手帳の使い方
【第1回】 2012年10月4日
著者・コラム紹介バックナンバー
和田裕美 [営業コンサルタント]

時間に追われることに
「抵抗力をつける」という考え方
私のタイムマネジメント

1
nextpage

今年で8年目のロングセラーとなっている『和田裕美の営業手帳』。この手帳をプロデュースした和田裕美さんに、タイムマネジメントから自己管理についての考え方、手帳に込めた思いと使い方について、3回にわたり語ってもらう。第1回はタイムマネジメントについての和田さんの考え方を聞く。(聞き手・書籍オンライン編集部)

ノウハウの前に「心がどういう状態か?」が大事

――和田さんは講演や研修・セミナー、コンサルティングと非常に多忙な中で、ブログやメルマガを書いたり、雑誌の連載コラムを書いたり、さらに本も出されています。どうやってこれだけたくさんのことができるのだろう、と不思議になってしまいますが、何かタイムマネジメントの秘訣はありますか?

 はい、数年前に出した『幸せをつかむ!時間の使い方』にも書いたのですが、私は人に自慢できるほど完璧な時間管理ができているわけでもないし、特別なノウハウをもっているわけでもなく、とにかくただ目の前のことに一生懸命取り組んでいるだけなんです。

 そういうと一見、「要領が悪い」と思われるかもしれませんが、やる気があるときは集中力が生まれるし、自ずとスピードアップして効率もよくなるものです。何よりも「心がどういう状態か?」というほうが私にとっては大事なのです。

 効率アップのための技やツールはいろいろあると思いますが、ノウハウをいろいろ使っても、気持ちが前を向いていなければ、「心がやりたくない」と物事を拒否してしまいます。そうなれば、どんな方法もノウハウも技もまったく使えない。だからまず、何をするにも「どうせやるなら楽しくやろう」という心のもちようが基本です、とお話しすることが多いですね。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
10年後、君に仕事はあるのか?

10年後、君に仕事はあるのか?

藤原和博 著

定価(税込):本体1,400円+税   発行年月:2017年2月

<内容紹介>
人工知能、グローバル化、就活の地殻変動… 約50%の仕事が今後10〜20年でなくなると言われる。 そのような時代を生き抜くためにはどんな力を身につけておくべきなのか? 教育改革実践家の著者が、高校生に語りかけるスタイルで仕事が消滅していく社会で「稼げる大人」になる方法を伝授する。

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、2/12~2/18)


注目のトピックスPR


和田裕美(わだ・ひろみ) [営業コンサルタント]

外資系教育会社でのフルコミッション営業時代、プレゼンしたお客様の98%から契約をもらうという「ファン作り」営業スタイルを構築し、オリジナルの営業手法によって日本でトップ、世界142カ国中2位の成績を収めた女性営業のカリスマにして先駆者。 短期間に昇進を重ね、女性初、最年少で2万人に1人しかたどりつけないと言われる支社長となる。その後、企画室長、マーケティング部長、最後には最年少の営業部長となり、全国20支店、100名を統括する立場となる。当該企業の日本撤退に伴い独立。執筆活動の他、営業・コミュニケーション・モチベーションアップのための講演、セミナーを国内外で展開している。 著書は女性ビジネス本の先駆けとなった『世界No.2セールスウーマンの「売れる営業」に変わる本』はじめ、『幸せをつかむ! 時間の使い方』『人づきあいのレッスン』『「やる気」が出るコツ、続くコツ』(以上、ダイヤモンド社)、『和田裕美の人に好かれる話し方』(大和書房)、『失敗してよかった!』(ポプラ社)など多数。


和田裕美の時間と手帳の使い方

和田裕美の時間と手帳の使い方

今年で8年目のロングセラーとなっている『和田裕美の営業手帳』。この手帳をプロデュースした和田裕美さんに、タイムマネジメントから自己管理についての考え方、手帳に込めた思いと使い方について語ってもらった。

「和田裕美の時間と手帳の使い方」

⇒バックナンバー一覧