ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
相続に困ったら最初に読む本
【第2回】 2014年12月3日
著者・コラム紹介バックナンバー
曽根恵子 [公認不動産コンサルティングマスター、相続対策専門士]

仲のよかったきょうだいが絶縁!?
意見を尊重しあえば争いにならない
弁護士は兄の味方? 妹も弁護士を頼んで家族が崩壊したMさん

1
nextpage

 テレビの2時間ドラマで登場するシーン。葬儀のあと、親族が集まっているところに弁護士がやってきて、「亡くなった○○さんは遺言書を残していて、私に遺言執行を依頼されていました」と遺言書を見せるというもの。そうしたシーンをよく見かけますよね。

さて、弁護士はどのように相続に関わるのでしょうか。上記のように、遺言執行をしたり、財産目録の作成をしたり、認知症などで相続人の意思能力が低下したときにもお願いします。気を付けなければいけないのが、相続人がもめてしまって、遺産分割協議ができないとき。今回紹介する事例では、どのような結末が待っていたのでしょうか。

一度頼むと当事者同士で話ができなくなる

 それでも相続の場面では、話し合いがうまくいかないのはよくあることです。きょうだいだからこそ、それぞれの主張が対立して互いに譲れず、感情的になってしまうのでしょう。相続人の誰かが一方的な主張をしたり、高圧的だったり、ささいなことで激高したり、話し合いにならないこともよくあります。

 こうなると第三者を入れて解決しなければと、弁護士に頼る道を選択します。一方が弁護士を頼んだとします。弁護士は依頼者の味方になるので、他の相続人には有利に働きません。そうなると、もう一方の相続人も、別の弁護士に依頼して代理人になってもらいます。両方とも弁護士が代理人になるというわけです。

 もめてしまうと、冷静な話し合いにならないため、相続人同士で話し合ったり、会ったりすることがストレスになります。だから、第三者が間に入ってくれただけでほっとしたという声を聞きます。

 しかし、弁護士に依頼をしてしまうと、弁護士から「すべて私を通して進めるので、他の相続人とは直接話をしないように」と言われます。そうなると、きょうだいで話し合う機会はなくなり、ますます対立していくのです。こうしたことがきっかけで、たとえ仲のよかったきょうだいでも絶縁状態になるのです。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
自分の時間を取り戻そう

自分の時間を取り戻そう

ちきりん 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
生産性は、論理的思考と同じように、単なるスキルに止まらず価値観や判断軸ともなる重要なもの。しかし日本のホワイトカラー業務では無視され続け、それが意味のない長時間労働と日本経済低迷の一因となっています。そうした状況を打開するため、超人気ブロガーが生産性の重要性と上げ方を多数の事例とともに解説します。

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


曽根恵子 [公認不動産コンサルティングマスター、相続対策専門士]

日本初の相続コーディネーターとして1万件以上の相続相談に対処。感情面、経済面に配慮した「オーダーメード相続」を提唱し、安心で円満な相続の実現に取り組む。著書に『相続に困ったら最初に読む本 』(ダイヤモンド社)、『相続はふつうの家庭が一番もめる』(PHP新書)など多数。 ホームページ http://www.yume-souzoku.co.jp/


相続に困ったら最初に読む本

いま相続の相談で「専門家(弁護士、税理士、信託銀行ほか)とのトラブル」が増えています。家族間の不和やお金でのトラブルなどが話題にあがりますが、相続する方が予備知識なしに専門家に依頼をするから、トラブルに発展しているのです。本連載では、「何がきっかけで失敗したのか」「どこをどのようにして解決したのか」など、24の事例から一部を紹介します。

「相続に困ったら最初に読む本」

⇒バックナンバー一覧