ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
ビジネス・クリエーション!
【第2回】 2014年12月8日
著者・コラム紹介バックナンバー
ビル・オーレット [マサチューセッツ工科大学マーティン・トラスト・アントレプレナーシップ・センター マネージング・ディレクター]

年間900社を設立するMIT卒業生から見えてくる
起業家の資質に関する、忘れるべき3つの神話とは?

1
nextpage

起業家に求められる発想や行動力は、ひと握りのカリスマだけに授けられたものだと思われがちです。しかし、盛んに起業にチャレンジする若者を目の当たりにしている著者、マサチューセッツ工科大学マーティン・トラスト・アントレプレナーシップ・センター マネージング・ディレクターのビル・オーレット氏は、それを明確に否定しています。起業家としてのスキルは学んで得られるものだ、とーー。

 「起業家にふさわしい発想や行動力は学んで得られるものだと思いますか?」

 これは、起業に関するワークショップや講座の講師を務める際、初回のクラスで私が学生に対してよくする質問です。教室は静まり返り、みな居心地が悪そうに、モゾモゾとするだけ。

 やがて、誰かが行儀よく「そのために来たんです」と言うと、その後も優等生的な発言が続きます。ですが、そのうちに別の誰かが多くの人の正直な気持ちを代弁します。

 「いいえ。起業家に生まれついたかどうか、ということなんじゃないでしょうか」

 それで弾みがついたかのように、みな、その理由を力説しはじめます。

 確かに、その気持ちはよくわかります。私自身も、15年前は同じように考えていたからです。しかし今は、手法として学ぶことで起業家になれると考えています。マサチューセッツ工科大学(MIT)や世界中で教えているクラスで学んだ生徒が起業するのを、毎週のように目の当たりにしているからです。

 リチャード・ブランソン、スティーブ・ジョブズ、ビル・ゲイツ、ラリー・エリソンなど、起業家として知られる人たちの能力は、私たち普通の人間とはまったく次元が違うように思えます。非凡な才能の持ち主だ、と。しかし、彼らが成功したのは、特別な遺伝子を持っていたからではなく、すばらしいビジネス製品があったからです。

 起業家として成功するのに不可欠なのは、画期的ですぐれた製品です。製品は、物理的なモノだったり、サービスや情報の提供など、多岐にわたります。成功を左右する他の要素もありますが、製品なしにはまったく意味がありません。ただし、このすぐれた製品を作り上げるプロセスは学んで体得できるのです。

 私の著書『ビジネス・クリエーション! アイデアや技術から新しい製品・サービスを作る24ステップ』では、規律ある起業の手法を24ステップとして順に説明していきます。でもその前に、まずは、起業をしようとしたり教えたりする意欲を阻む、起業家にまつわる3つの“神話”に立ち向かいましょう。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
自分の時間を取り戻そう

自分の時間を取り戻そう

ちきりん 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
生産性は、論理的思考と同じように、単なるスキルに止まらず価値観や判断軸ともなる重要なもの。しかし日本のホワイトカラー業務では無視され続け、それが意味のない長時間労働と日本経済低迷の一因となっています。そうした状況を打開するため、超人気ブロガーが生産性の重要性と上げ方を多数の事例とともに解説します。

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


ビル・オーレット [マサチューセッツ工科大学マーティン・トラスト・アントレプレナーシップ・センター マネージング・ディレクター]

 

マサチューセッツ工科大学(MIT)で起業家教育を担うMITマーティン・トラスト・アントレプレナーシップ・センターのマネージング・ディレクターであり、人気講師のひとりでもある。みずから創業したセンサブル・テクノロジーズ社など複数のベンチャー企業の社長・役員ほか、MITスローン・スクール・オブ・マネジメントの上級講師を兼務。IBM勤務を経て、MITスローン・スクールで経営を学んだのち起業した経験をもつ。センサブル・テクノロジーズ社は20カ国へ進出し、24以上の賞を受賞、『フォーチュン』誌やビジネスウィーク、ウォールストリート・ジャーナル等に取り上げられている。ハーバード大学卒(エンジニアリング)、MITスローン・スクールで経営学修士取得。詳しくはwww.disciplinedentrepreneurship.com.参照。


ビジネス・クリエーション!

アイデアや技術から、どのように顧客のニーズに合わせた製品・サービスを創り上げればよいのか? これまで暗黙知だと思われていたその手腕を、体系的に学習できるプロセスと行動に整理できる1冊としてまとめられた『ビジネス・クリエーション!』。本連載では、著者ビル・オーレット氏の意見の一部とともに、日本の起業家たちの取り組みについてご紹介していきます。

「ビジネス・クリエーション!」

⇒バックナンバー一覧