ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
山崎元のマルチスコープ

高齢者の資産運用心得7箇条

山崎 元 [経済評論家・楽天証券経済研究所客員研究員]
【第358回】 2014年12月10日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

高齢者は特別ではない
マネー運用の心得7箇条

 雑誌の読者が目に見えて高齢化しているせいか、筆者は最近、「60歳からのマネー運用について」とか「退職金の運用方法について」といったテーマで取材を受けることが多い。この際、重要だと思うポイントについて、簡単にまとめておきたい。

 現在の60歳以上の世代は、平均像では若年層に較べて圧倒的にお金を持っているのだが、お金の運用に無頓着に過ごしてきた方が少なくない。こうした方が、退職金のようなまとまったお金を持って「運用デビュー」するシチュエーションには、少なからぬ危うさを感じる。かと言って、何もしないのが正しいわけではないし、用意なしに金融マンやFPに相談に行くのは「はっきり危険」だ。

 それでは、どうしたらいいか。まずは、気をつけるべき点について、高齢者のマネー運用心得を以下の7箇条にまとめてみた。

 以下、7箇条を個別に説明して、最後に具体的にどうしたらいいかについてもお伝えしよう。

(1)高齢者向けの運用などない
運用にまで歳を取らせる必要はない

 第一に強調しておきたいのは、高齢者だからといって、それらしい運用をしなければならないという先入観を捨てることの必要性だ。「高齢者向けの」運用方法、あるいは運用商品などというものは存在しない。

 お金の運用には、「お金を、なるべく安全に、できるだけ増やす」という以外の目的などない。そして運用商品は、誰が買っても、同じ期間に保有していれば同じリターンだ。高齢であることを特別なことだと考えても利益はないし、かえってつけ込まれる隙ができる。

 高齢者だから、若者よりも運用期間が短いという反論があるかもしれないが、頭さえしっかりしていれば、また兆円単位の資産を運用しているというのでなければ、10年もあれば運用期間としては十二分に「長期」なので、普通の運用でいい。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

山崎 元 [経済評論家・楽天証券経済研究所客員研究員]

58年北海道生まれ。81年東京大学経済学部卒。三菱商事、野村投信、住友信託銀行、メリルリンチ証券、山一證券、UFJ総研など12社を経て、現在、楽天証券経済研究所客員研究員、マイベンチマーク代表取締役。


山崎元のマルチスコープ

旬のニュースをマクロからミクロまで、マルチな視点で山崎元氏が解説。経済・金融は言うに及ばず、世相・社会問題・事件まで、話題のネタを取り上げます。

「山崎元のマルチスコープ」

⇒バックナンバー一覧