ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
“超円安”に勝つ資産運用byダイヤモンドQ

金・プラチナ投資
株と逆連動で今が底値?

「ダイヤモンドQ」編集部
【第14回】 2014年12月19日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

「金はインフレに強い」といわれることが多い。インフレ時代には実物資産の価値が高まるためだ。金投資には日本人だからこそ享受できるメリットもある。ダイヤモンドQ編集部が、超円安時代に向けた金・プラチナ投資の妙味を解説する。

 株や不動産ばかりがインフレ時代を乗り切る投資の定石ではない。実物資産への資金流入が増加するという点で、値上がりが期待できるのが「金」だ。

 「リーマンショックを機に毎月10万円の純金積み立て投資を始めた。株、FXで数千万円単位の損失を出して、自分の先行きが不安になり、リスクヘッジの方法として選択した」

 こう話すのは株やFXで億単位の資産を築き、2012年にセミリタイアして悠々自適の生活を送る個人投資家だ。

 俗に金は「有事の金」と呼ばれる。経済危機の勃発、地政学的リスクの高まりなどを受けて、株安が進んだ際に資金の逃避先として金が買われやすくなるためだ。その点で、貴金属アナリストの多くは「金と株は補完関係にある」と話す。

 それだけに、NYダウが過去最高値を更新した近年の金価格は芳しくない。ドルベースでの価格推移を見ると、ギリシャショック後の11年9月に、1トロイオンス(約31グラム)=1923米ドル(NY金先物価格、以下同)の史上最高値を付けた後、急落。FRB(米連邦準備制度理事会)による量的緩和が奏功して株価が持ち直したことに加え、金高騰により金鉱山の開発が活発になったことが背景にあった。

 結果、金価格は1200ドルの下値を何度も試しながら下降線をたどってきたのだ。

 それならば、買う価値などないと思われるかもしれないが、逆だ。底入れ感が強まっているのだ。国内金投資の第一人者として知られる豊島逸夫氏は「1200ドルを割り込んで、もう一段急落しても、下値はせいぜい1100ドル」と分析する。

 「ヘッジファンド勢は米国の量的緩和縮小と利上げを見越して、金価格は下がり続けると踏み、1年以上ずっと金を空売りしてきた。NY金先物市場の売り残(空売りの額)は大きく膨らんでおり、1100~1125ドルで底値を付けると、ヘッジファンド勢は一斉に手じまいの買い戻しに動いて、反転上昇に弾みがつきやすい」(豊島氏)

1
nextpage

「資産運用」についてもっと知りたいなら、
実用ライフスタイル誌ダイヤモンドQをどうぞ!

あなたのQuestionにズバッと答える雑誌、それがダイヤモンドQです。
相続、老人ホーム選びから、資産運用まで、
人生の重大な決断を骨太の記事やランキングで手助けします。

創刊準備2号 好評発売中(税込780円)

ダイヤモンドQ創刊準備2号

第1特集「超円安・株高に乗れ!マネー運用完全マニュアル」
投資信託から不動産、太陽光発電投資まで、投資ノウハウを伝授

第2特集「間違いだらけの相続対策!」
多くの失敗事例をベースに、相続のイロハを分かりやすく解説

第3特集「人生を豊かにする本と映画ベスト70」
小泉武夫、山田あかね、上野千鶴子、島田雅彦が推薦!

連載対談 櫻井よしこ&百田尚樹
「何のために書くのか。なぜ戦うのか。日本人とは何か(後篇)
日本の素晴らしさを次代に継承していくため、時にはきついことも言わなければいけない

関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


“超円安”に勝つ資産運用byダイヤモンドQ

最近の急激な円安や株バブル、そして過去に例を見ない“超”低金利時代の到来に驚いている人は多いだろう。しかし、冷静に一歩引いて考えてみれば、日本は世界一の借金国であり、貿易収支も赤字転落寸前で、国家自体の衰退が近づいており、将来は円安、インフレ傾向が強まるのは間違いない。そんな時代でも生き残ることができる、資産運用術を提供しよう。

「“超円安”に勝つ資産運用byダイヤモンドQ」

⇒バックナンバー一覧