ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
“超円安”に勝つ資産運用byダイヤモンドQ

リートファンドをランキング!
為替動向、分配方針に注意

「ダイヤモンドQ」編集部
【第10回】 2014年12月15日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

リートファンドは、国内や海外のリートを組み合わせた投資信託であり、分散投資に向いている。さまざまなタイプがあり、コスト、分配方針、為替の影響などにも差がある。商品特性をよく知った上で選ぶことが大切だ。そこでダイヤモンドQ編集部では、リートファンド安心度ランキングを作成した。

 「国際リートファンドには2013年来、多くの資金が集まっている。不動産市況の活況に加えて、円安によって為替差益がプラスされ、高い配当を目当てに個人投資家が殺到した」

 投資信託格付け会社であるモーニングスターの朝倉哲也代表取締役は現状をこう解説する。

 リートファンドは国内外のリートに投資する投資信託である。国内型と国際型に分かれるほか、東証リート指数など市場の指標に連動したリターンを目指すインデックス型と、指標より高いリターンを追求する非インデックス型(アクティブ型)がある。さらに商品ごとに、為替ヘッジの有無などの違いもある。

 最近の円安で外貨建ての国際型や為替取引を組み合わせた国内型は運用成績が押し上げられ、人気も高まった格好だ。しかし、将来、もし円高に振れるとリターンや価格が低下しかねない点は理解しておきたい。

 リートファンドでは、信託報酬など運用コストを注視しよう。「分配金を高くして人気を集めるファンドがあるが、そういうファンドほど購入手数料や信託報酬が高い。0.1%違っても、10年すれば単純計算で1%の差がつく」(朝倉氏)。

 高い分配金に踊らされないことも重要。例えば、配当金が毎月200円と高いことで大人気の毎月分配型ファンド「好配当グローバルREITプレミアムF通貨S」は、配当金利回りが36%と異常に高い。しかし、分配余力は6.5ヵ月しかないので、この〝背伸びした配当〟の継続は簡単ではない。

1
nextpage

「資産運用」についてもっと知りたいなら、
実用ライフスタイル誌ダイヤモンドQをどうぞ!

あなたのQuestionにズバッと答える雑誌、それがダイヤモンドQです。
相続、老人ホーム選びから、資産運用まで、
人生の重大な決断を骨太の記事やランキングで手助けします。

創刊準備2号 好評発売中(税込780円)

ダイヤモンドQ創刊準備2号

第1特集「超円安・株高に乗れ!マネー運用完全マニュアル」
投資信託から不動産、太陽光発電投資まで、投資ノウハウを伝授

第2特集「間違いだらけの相続対策!」
多くの失敗事例をベースに、相続のイロハを分かりやすく解説

第3特集「人生を豊かにする本と映画ベスト70」
小泉武夫、山田あかね、上野千鶴子、島田雅彦が推薦!

連載対談 櫻井よしこ&百田尚樹
「何のために書くのか。なぜ戦うのか。日本人とは何か(後篇)
日本の素晴らしさを次代に継承していくため、時にはきついことも言わなければいけない

関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


“超円安”に勝つ資産運用byダイヤモンドQ

最近の急激な円安や株バブル、そして過去に例を見ない“超”低金利時代の到来に驚いている人は多いだろう。しかし、冷静に一歩引いて考えてみれば、日本は世界一の借金国であり、貿易収支も赤字転落寸前で、国家自体の衰退が近づいており、将来は円安、インフレ傾向が強まるのは間違いない。そんな時代でも生き残ることができる、資産運用術を提供しよう。

「“超円安”に勝つ資産運用byダイヤモンドQ」

⇒バックナンバー一覧