ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
デジタル流行通信 戸田覚

百度の“二番手でいい”戦略は日本で成功するのか?

戸田 覚 [ビジネス書作家]
【第15回】 2008年2月12日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 中国から巨人がやってきた。

 検索サイトの「百度」は、中国で1位(シェア7割)、世界でも3位という、まさに巨人である。

日本語版「百度」のトップ画面
Google、Yahooに次ぐ検索サイトへ成長できるか?先ごろスタートした日本語版「百度」のトップ画面

 最近、検索サイトに関するビジネスが熱を帯びている。ちょうどこの記事を執筆しているタイミングで、マイクロソフトがYahoo!を買収する意向を打ち出してニュースになっているところだ。検索サイトはインターネットを代表する媒体となり、広告を主な収益源とする、収益装置として盤石の地位を築いた。とはいえ、さすがの成長ぶりにも、やや頭打ち傾向が見えてきた。成長のパワーにかげりが見えた先駆者達が、いよいよ他を食い始めようとしている。Yahoo!、Google、マイクロソフトの戦いが始まったようだ。

 百度の日本語版サービスは、「セカンドサーチサービスとして利用して欲しい」(百度株式会社 取締役舛田淳氏)という方針を打ち出している。

 Yahoo!、Googleの2強に、すぐさま打ち勝とうというのではなく、まずは、百度に興味を持ち、機能に満足したユーザーが2つめのサービスとして使って欲しいと考えているのだ。2010年までは、収益を重視するつもりはなく、広告ビジネスは基本的に2010年スタートを予定しているというのだ。

 この点が、過去の検索サービスと最も異なることであろう。IT系のビジネスのほとんどが短期スパンで収益構造を作り上げ、一気に投資を集中して覇権を握ろうとしてきた。

 ところが百度は、じっくりと時間をかけ、完成度を高める戦略を取る。なぜだろう? そもそも、検索サイトはゼロサムゲームである。ほとんどのユーザーが、ほとんどの場面でGoogleなりYahoo!で検索し、求める結果を得られている。必要な情報が見つからなかった時点で、「あきらめる」「キーワードを工夫して再度検索」「他のサーチエンジンを使う」という選択肢に進むのだ。セカンドサーチサービスの必要性を感じ、利用するユーザーがどれだけいるのだろうか? とても恐ろしいことに、検索サービスにキャンペーンやディスカウントは成立しない。ユーザーの利用は無料だから、値段を下げる余地はない。どれほど秀逸なサービスでも、コストダウンで体験してもらうことはできないのだ。

 だから、これほど長期のスパンで、かつ2番手でよいですと、穏やかにビジネスを進めていくのだろうか?

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

戸田 覚[ビジネス書作家]

1963年東京生まれ。ビジネス書作家、コンサルタント。株式会社アバンギャルド、有限会社戸田覚事務所代表取締役。ハイテク、パソコン、成功する営業のコツ、新商品開発、新事業開発といったテーマを中心に、執筆、出版プロデュース、講演、コンサルティングに携わる。ビジネス誌、パソコン誌、情報関連雑誌をはじめとして多数の連載を抱える。
著書に『あのヒット商品のナマ企画書が見たい!』『プレゼンの極意を盗め!』(以上、ダイヤモンド社)、『すごい人のすごい企画書』(PHP研究所)、『仕事で使える!クラウド超入門』(青春出版社)、『LinkedIn人脈活用術』(東洋経済新報社)など多数がある。
著者ブログ:http://www.toda-j.com/weblog/
株式会社アバンギャルドHP:http://www.avant-garde.jp/


デジタル流行通信 戸田覚

PC、携帯、家電、ウェブ、ITサービス、ITソリューションなど、デジモノ&IT全般にかかわる最新トレンドを、ビジネス作家・戸田覚が毎回鋭い視点でレポートしていくコラム。

「デジタル流行通信 戸田覚」

⇒バックナンバー一覧