ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
「引きこもり」するオトナたち

実家に12年間引きこもっていた45歳M君が
ついに飛行機で沖縄に行き人前で話した!

池上正樹 [ジャーナリスト]
【第226回】 2014年12月18日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 約12年にわたって引きこもった末、自立を目指して一進一退を繰り返す『ダメダメな人生を変えたいM君と生活保護』(ポプラ新書)のモデルのM君(45歳)が、12月13日、筆者と一緒に飛行機で沖縄へ渡った。そして、宮古島で引きこもる当事者と一緒に、50人余りの大勢の参加者の前で話をした。

 主催したのは、社会的な自立が困難な当事者に対する援助活動を行っている沖縄県那覇市のNPO法人「エスペーロ」。来年2月に開催され、支援者が現状を報告する「第10回全国ひきこもり・若者協同実践交流会」の広報も兼ねて開かれた。

 M君は、「人前で話した経験がなく、しどろもどろになってしまうと思うのですが…」と、やや震える声で話を切り出した。

十数年も他人と話していなかったM君が
「話すことが楽しくなった」

 地方にある実家の親元を離れたM君が、当事者たちによって運営される居場所「Necco(ネッコ)」などのサポートを受けながら、東京で1人暮らしを始めて約2年。今回、勇気を出して、沖縄へ来ようと思ったきっかけについて尋ねると、こう答えた。

 「以前だったら、考えられなかったと思うんですけど。せっかく自分を助けてくれたネッコさんのために、少しでも役に立ちたい。また、お誘いを無理だ無理だと言って断っていたら、人間的に成長しないので…。誰かの役に立てば、自分の自信にもなる。(筆者からのメールの中に)“M君は、人とつながっていかないからなあ”と書いてあったのを見て、これは池上さんにも批判されるなと思って、慌てて修正しようかなと…。東京に来てからも、相変わらず引きこもっていた。いろいろお誘いがあっても“用事があるから”って断って。用事なんて、ないんですけど。家でゴロゴロしているような生活を、2年経ったので、そろそろやめないといけないかなって…」

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

池上正樹 [ジャーナリスト]

通信社などの勤務を経て、フリーのジャーナリストに。主に「心」や「街」を追いかける。1997年から日本の「ひきこもり」界隈を取材。東日本大震災直後、被災地に入り、ひきこもる人たちがどう行動したのかを調査。著書は『ひきこもる女性たち』(ベスト新書)、『大人のひきこもり』(講談社現代新書)、『下流中年』(SB新書/共著)、『ダメダメな人生を変えたいM君と生活保護』(ポプラ新書)、『あのとき、大川小学校で何が起きたのか』(青志社)など多数。TVやラジオにも多数出演。厚労省の全国KHJ家族会事業委員、東京都町田市「ひきこもり」ネットワーク専門部会委員なども務める。YAHOO!ニュース個人オーサー『僕の細道』

 


「引きこもり」するオトナたち

「会社に行けない」「働けない」――家に引きこもる大人たちが増加し続けている。彼らはなぜ「引きこもり」するようになってしまったのか。理由とそうさせた社会的背景、そして苦悩を追う。

「「引きこもり」するオトナたち」

⇒バックナンバー一覧