ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
ビジネス・クリエーション!
【第5回】 2014年12月18日
著者・コラム紹介バックナンバー
ビル・オーレット [マサチューセッツ工科大学マーティン・トラスト・アントレプレナーシップ・センター マネージング・ディレクター]

自分に合ったビジネスの見つけ方を
MIT式スタートアップに学ぼう

1
nextpage

ビジネスを興したいという動機はさまざまです。「アイデアがある」「技術がある」「情熱がある」…など。特にどれでなければならない、ということはありません。そして、起業に関心はあっても、特にアイデアや技術は持っていない、という人も多いでしょう。どうすれば、自分に合ったビジネスを見極められるのか。その第一歩をご紹介します。

ビジネスをスタートさせる3つの方法

 起業したいと思う理由はさまざまです。

 今の業界に長くいるので変化が欲しい、スキルを伸ばして世界に大きな影響を与えたい、人に雇われるのがいやになった、特許を持っているのでこれまでにない製品を作ってみたい、生活を改善する自分のアイデアにほかの人も関心を持つかもしれない――など。

 これら、さまざまな理由は、次の3つに分類できるでしょう。

1. アイデアがある――世界や世界の一部をより良くする、すばらしい方法を思いついたので、それを試してみたい。
2. 技術がある――画期的な技術を開発したので、それを活かしたい。社会のためにその技術を広めたい。事業として成功する可能性を秘めた技術を知っている。
3. 情熱がある――自分に自信があり、スキルを最大限に伸ばしたいと考え、起業家になることが世界にもっとも大きなインパクトを与える方法だと信じている。他人の下で働くのではなく、自分の人生をコントロールしたい。技術やアイデアはないが、起業について学びながらアイデアや技術、パートナーのいずれか、もしくはすべてを探している。

 「顧客の痛み」を知らなければ起業はできない、とよく言われます。つまり、顧客が代金を支払ってでも解決したい、と思う問題が何かを知る必要があるのです。しかし、それをそのまま信じてしまうと、起業についてよく知らない人は意欲を大きく削がれかねません。また、起業家の価値観、関心、技術にもとづいて事業を始める意義が軽んじられることにもなるでしょう。問題を抱えた顧客やビジネスチャンスはいずれ見つかるだろうし、解決に対価を払ってもいいという顧客も現われるはずです。

 どんな理由で起業に関心を持ったにしても、まずは次の質問から考えてみましょう――長期間かけてやってみたいことで、得意なものはなんだろう?

この質問に答えることが、顧客の痛みを知る最初の一歩となります。関心を持ち、得意としている分野だからこそ、その痛みをなんとかしたい、と思えるのです。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
人工知能はどのようにして 「名人」を超えたのか?

人工知能はどのようにして 「名人」を超えたのか?

山本 一成 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2017年5月

<内容紹介>
最強の将棋AIポナンザの開発者が超重要技術、「機械学習」「深層学習」「強化学習」を解説。そのうえで「知能とは何か」という問への回答を示す意欲作です。自らの手で人工知能を創り、将棋名人と並ぶまでに成長させてきた著者が腹落ちしたことだけを書いているので、世界一やさしく面白い人工知能の本になっています。

本を購入する
著者セミナー・予定

(POSデータ調べ、5/7~5/13)



ビル・オーレット [マサチューセッツ工科大学マーティン・トラスト・アントレプレナーシップ・センター マネージング・ディレクター]

 

マサチューセッツ工科大学(MIT)で起業家教育を担うMITマーティン・トラスト・アントレプレナーシップ・センターのマネージング・ディレクターであり、人気講師のひとりでもある。みずから創業したセンサブル・テクノロジーズ社など複数のベンチャー企業の社長・役員ほか、MITスローン・スクール・オブ・マネジメントの上級講師を兼務。IBM勤務を経て、MITスローン・スクールで経営を学んだのち起業した経験をもつ。センサブル・テクノロジーズ社は20カ国へ進出し、24以上の賞を受賞、『フォーチュン』誌やビジネスウィーク、ウォールストリート・ジャーナル等に取り上げられている。ハーバード大学卒(エンジニアリング)、MITスローン・スクールで経営学修士取得。詳しくはwww.disciplinedentrepreneurship.com.参照。


ビジネス・クリエーション!

アイデアや技術から、どのように顧客のニーズに合わせた製品・サービスを創り上げればよいのか? これまで暗黙知だと思われていたその手腕を、体系的に学習できるプロセスと行動に整理できる1冊としてまとめられた『ビジネス・クリエーション!』。本連載では、著者ビル・オーレット氏の意見の一部とともに、日本の起業家たちの取り組みについてご紹介していきます。

「ビジネス・クリエーション!」

⇒バックナンバー一覧