経営 × ビジネスSNS

オフィスの「ちょっと一瞬いい?」は
一瞬ではなく平均23分の集中力を奪っている
――生産性アップのための「遮音の問題」を考える

ダイヤモンド・オンライン編集部
【第18回】 2014年12月25日
1
nextpage

集中したいときは
カフェに行く?

 新しい働き方が模索されるなか、「どこで仕事をするのか」が1つの課題となっている。

 モバイルデバイスの普及と高速ネットワークの浸透、クラウドコンピューティングの発展が後押しし、「いつでも、どこでも」仕事をする環境が整ってきた。実際、スマホを使って従来では到底不可能だった業務データの取得や分析、リアルタイムのコミュニケーションが可能になっている。

 しかし、「ナレッジワーカー」の仕事として、「考える」ことが必要な仕事の場合、実は働ける場所は限られている。

 たとえば街中のカフェで、考える仕事ができるだろうか。簡単なメールの返事などはもちろん可能だし、ノートPCを持ち出して「集中したいときはカフェに行く」というオフィスワーカーの声も聞く。だが、カフェは資料を広げて見比べたりする作業には適さないし、もとより社外秘の書類を公共の場で見るわけにもいかない。

 一方、都市部を中心に「コワーキングスペース」「シェアオフィス」のようなレンタルスペースも利用が広がっている。フリーランスの事務所代わりとしての使い勝手はいいが、まだ数が少ないので会社勤めの人が気軽に利用できるほどは普及していない。また、仮にこうしたサービスを利用したとしても、まったく会社に出勤しないということはあり得ない。

 やはり自分が勤めている「オフィス」での集中力を高める工夫は大事なのだ。

 だが、オフィス内で集中力を上げて作業しようとしても、それを妨害する問題がある。「音」だ。

音を遮断することで
集中力が維持できる

GNネットコムジャパン マーケティングマネージャーの八島史典氏 手にしているのはオフィス向けヘッドセットの最上位モデル「Jabra Evolve 80 UC Stereo」 Photo:DOL

 コールセンター向けヘッドセットで高いシェアを持つ、「Jabra(ジャブラ)」ブランドで有名なデンマークの音響機器メーカーGNネットコムは、オフィス内でワーカーの集中力を低下させる要因として、音の問題が大きいと考えている。

 同社がオフィスのナレッジワーカーを対象とした調査では、周囲の音が生産性に悪影響だと答えた人は69%に上った。また別の調査では、いったん何らかの理由で集中が途切れると、もとの状態に復帰するまで最低でも23分はかかるという結果が出ている。

 GNネットコムジャパンのマーケティングマネージャーを務める八島史典氏は、「日本企業の場合、『うるさくて仕事ができない、などという人は集中力が足りない証拠』という風潮があります。しかし、常に最高レベルの集中力を維持しているのは難しく、むしろいったん中断した集中力が回復するには、多くの時間がかかるということを問題にすべきでしょう」と語る。

 そのため同社では、オフィスワーカーの集中力維持には「外部の音を遮断する」と「集中して作業している人の邪魔をしない」の両面で、音への配慮が必要だと考えている。

1
nextpage

理論から実践まで「働き方改革」への挑戦

業務効率化、子育て・介護の支援、チームワーク、コスト削減、災害対策など、多岐にわたる働き方の課題を、専門家へのインタビューや企業の現場取材で明らかにする。

「ビジネスSNS」のメリットをわかりやすく解説

いつでもどこでもスピーディに情報を共有し、ビジネスを前に進める。ビジネスSNSの活用でワークライフバランスも改善。活用イメージと実際の操作手順をYoutube動画で解説。

[ Works Mobile導入事例 ]
株式会社IDOM
(旧・ガリバーインターナショナル)

[ Works Mobile導入事例 ]
コネクシオ株式会社

ビジネス版LINE 「Works Mobile」で新しい働きかた編

ビジネス版LINE 「Works Mobile」でシャドーIT対策


「働き方」という経営問題―The Future of Work―

人口減少による働き手の不足と経済・社会のグローバル化が、企業経営を取りまく大問題となっている。そのなかで、企業が競争優位性を築くためのキーワードとして浮上しているのが「ワークスタイル変革」だ。識者への取材や企業事例の紹介を通じて、すべての企業と働く人に問われている「働き方」の課題を明らかにしていく。

「「働き方」という経営問題―The Future of Work―」

⇒バックナンバー一覧